« 音楽を人質に取るソニーのやり方 | Main | One In A Million/The Independent Movement »

January 27, 2006

We've Got To Help/Columbus Mann

columbus_manncolumbus_mann1975年のアルバム。
「We've Got To Help」出だしのピアノから印象的。スローなソウルバラードで作りもかなりドラマチックですばらしいものです。「Don't Warry Now」前の曲に比べるとだいぶ軽めですが雰囲気から云っても完全にゴスペル調。全体としては淡々とした感じかな。「Just Smile」も完全にゴスペル調。出来はそこそこですが悪く無いですね。「Let's Be Real」はミディアム〜アップテンポの作品でR&B/ソウル寄り。そこそこポップで良い感じ。「It's Wonderful To Be Free」は完全にゴスペル。ゴスペルらしいゴスペルを思い浮かべて貰えば「当たらずとも遠からず」でこう云った感じは結構好きです。
B面1曲目は「Do Something Good」アップテンポですが出来はイマイチ。「Sunshine」はゴスペルらしいゴスペル。「How Long」もゴスペルでしょうね。残念ながらちょっとつまらない感じです。ラストは「What Are We Going To Do」アップテンポのR&Bタイプ。出来はまずまずかな。

|

« 音楽を人質に取るソニーのやり方 | Main | One In A Million/The Independent Movement »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 音楽を人質に取るソニーのやり方 | Main | One In A Million/The Independent Movement »