« 冬のメルカート | Main | Let's Steal Away To The Hideaway/Luther Ingram »

January 31, 2006

Together (We Can Make Something Happen)/The Individuals

the_individualstogether_we_can_make_something_happen1976年?のアルバム。
「Try It Again」はアップテンポの作品。まずまずってところ。「Never Too Late」3人組でその割にはコーラスも良くやってる印象。しかしなんと云ってもファルセットリードが良い感じ。「I Want You For Myself」は語りから入ります。スルーなナンバーでどちらかというとコーラス中心なのが嬉しい。「Girl Oh Girl」はファルセットリードですが演奏が強くてイマイチの出来。「Sorry Sorry」は軽めのリズムに乗ったファルセットリードが妖し気なムードを出しています。
B面1曲目は「Together (We Can Make Something Happen)」アルバムタイトルでもありますがこちらもファルセットリード。とにかく曲の出来が良いという事が一番。コーラスも良いがピアノの音の印象的に使われています。途中に語りも入り7分程の大作。「Why Can't We Be Together」ウォーキング・テンポでなかなか良い雰囲気の作品。「I Love The Way You Love」はスローナンバーで良い雰囲気の曲。ラストは「Gotta Make A Move」はアップテンポの作品で出来はイマイチ。

|

« 冬のメルカート | Main | Let's Steal Away To The Hideaway/Luther Ingram »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 冬のメルカート | Main | Let's Steal Away To The Hideaway/Luther Ingram »