« Can I Love You/Johnnie Taylor | Main | 「iWeb」に注目した »

January 11, 2006

Strength Of One Man/Jacksons

Jacksons-Jacksons1976年のアルバム。
「Enjoy Yourself」はリズミカルなナンバーで出来はまずまず。「Think Happy」はフィリーサウンドらしいナンバー。ってこのアルバムはシグマサウンドスタジオで作られていてギャンブル&ハフの総指揮のもと若手がプロデュース、アレンジをしています。「Good Times」はスローミディアム。マイケルのおちついた歌声が良い感じ。「Keep On Dancing」はアップテンポ。個人的にはダメなタイプ。「Blues Away」従来のサウンドとフィリーサウンドが融合した感じでまずまず。
B面1曲目は「Show You The Way To Go」フィリーサウンドに乗っかったマイケルの伸び伸びした歌いっぷりは好印象。「Living Together」は早めのテンポの作品。「Strength Of One Man」デビュー当時の子供っぽいコーラスからは信じられない程しっかりしたコーラスになっています。「Dreamer」も落ち着いた感じでなかなかの出来。ラストは「Style Of Life」フィリーサウンドで軽めなサウンドにのったリードがなかなかの出来。
全体的にB面のまとまりがかなり良いです。

|

« Can I Love You/Johnnie Taylor | Main | 「iWeb」に注目した »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Can I Love You/Johnnie Taylor | Main | 「iWeb」に注目した »