« Walking In Rhythm-Blackbyrds | Main | 年明けから修理 »

January 04, 2006

Ain't Nothing New Under The Sun/Jimmy Brisco And The Beavers

jimmy_brisco_and_the_beavers1977年のアルバム。
「Soul From The Vault~Rare Sweet Vol.8」では「Jimmy Bricoe And The Little Beavers」の名前で出てました。思い出せばこのアルバムが出た時「 Little 」が取れたって話がありましたっけ。「No One Can Love You Like I Do」アップテンポのナンバー。「Wanderick」というT.K.系のレーベルから出てますが所謂マイアミサウンドの雰囲気は全然感じられません。オーソドックスなコーラスナンバーって感じ。「Invitation To The World」もアップテンポ。出来はまずまずですがどうしても線の細い印象がします。「So Sweet The Love」はスローナンバー。意外と線の細い印象が少なくて落ち着いた感じ。でも若さは見えます。「Living For Today」はアップテンポ。なかなか良い出来。ここまでの印象は曲自体なかなか良い曲が揃ってる印象。絡んでるのがスィートファンに人気の「Paul L. Kyser」の性でしょうか?
B面1曲目は「I'll Make You Happy」こちらもアップテンポ。何処かマイナーな時期のウィスパーズっぽい歌い方が思い出されました。「True Love」はスローナンバー。オーソドックスなタイプ。「Ain't Nothing New Under The Sun」はサビがかなりポップ。コーラスもなかなか良い雰囲気。「Here's Love Coming At You」はフィリーサウンド風ですが途中中だるみの部分がありますがそれ以外はまずまず。ラストは「More Than You Realize」これは「Jimmy Brisco」の独り舞台。コーラスは入っていない気もします。出来はなかなか良い感じ。

|

« Walking In Rhythm-Blackbyrds | Main | 年明けから修理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Walking In Rhythm-Blackbyrds | Main | 年明けから修理 »