« Rare Soul On CD Volume 1-その1 | Main | Rare Soul On CD Volume 1-その2 »

December 03, 2005

Summer Madness/Kool & The Gang

kool__the_ganglight_of_worlds1974年のアルバム。
「Street Corner Symphony」多少彼等らしさは有りますがジャズの影響が強いかな。もちろんインストルメンタル。「Fruitman」はボーカル入りでR&Bスタイルに近いか。「Rhyme-Time People」はモロにファンク。「Light Of Worlds」は出だしに女性コーラスが入り他の国の曲みたい。その後はやはりジャズっぽい曲調かな。
B面1曲目は「Whiting H. & G.」ジャズよりはソウル系のインストルメンタル。最後に海辺の海鳥の鳴く声が聞こえたりします。「You Don't Have To Change」は最高のムードです。「Higher Plane」はおなじみのヒット曲。彼等らしい作品。「Summer Madness」は雰囲気が最高なインストルメンタル。ラストは「Here After」中盤のドラの音が印象的ってそれだけの様な気もする。

|

« Rare Soul On CD Volume 1-その1 | Main | Rare Soul On CD Volume 1-その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Rare Soul On CD Volume 1-その1 | Main | Rare Soul On CD Volume 1-その2 »