« FileMaker Pro 8 Advanced 到着済み | Main | Sugar Pie Guy Pt.1/The Joneses »

December 27, 2005

I'm The One Who Loves You/J. J. Barnes

j1977年のアルバム。
「The Errol Flynn」はリズミカルなナンバー。「Sara Smile」はおなじみダリル・ホール&ジョン・オーツの名曲。じっくり歌い込んだ感じは好印象。「She's Mine」落ち着いた優しい雰囲気らしくない気もしますが素直に良い雰囲気。「If You Move I'll Fall」はスローなバラード途中に語りも入ってまずまず。「The Errol Flynn (Reprise)」は意味無し。
B面1曲目は「Let Me Feel The Funk」タイトル通り。「We Can't Hide It Any More」はムーディなナンバー。サビとバックの雰囲気が素晴らしい出来。歌の方は年を重ねた良さが出ています。「How Long」はアップテンポ。「Sara Smile」と同様に何処かで聞いた気がします。出来はまずまずでおそらく曲の良さに引っ張られていると思います。じゃあ「J. J. Barnes」の個性が出ているかと云われれば全然分かりません。アルバム「The Groovesville Masters」ではモロにマービン・ゲイって感じでしたが今回はそんな感じは全然しませんから。「I'm The One Who Loves You」はミディアムのテンポが気持ちの良い作品。ラストは「Let Me Feel The Funk (Reprise)」
結構B面の出来が良くて驚き。しかしマービン・ゲイは何処に行っちゃたんですかね?

|

« FileMaker Pro 8 Advanced 到着済み | Main | Sugar Pie Guy Pt.1/The Joneses »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« FileMaker Pro 8 Advanced 到着済み | Main | Sugar Pie Guy Pt.1/The Joneses »