« Can I Jingle Your Bell/Bigg Robb | Main | Your Song/The Dells »

December 25, 2005

Guilty/James Robinson

james_robinsonguilty1987年のアルバム。
この頃は良質の男性ボーカルが続出した時期でJames Robinsonもその一人。「Can We Do It Again」はミディアムテンポの作品でまずまずの出来。「Guilty」はスローナンバー。堂々とした歌いっぷりが印象的で話題になった曲だった筈。「Pretend」は女性シンガーとのデュオ。普通の曲になっていてつまらないな。「Feel Like Going On」サウンドはオシャレなのですが悪くは無いのですがもっとポップな分かりやすさが欲しいですね。「Seem So Long」実力は有りそうですがスタンダードナンバーっぽい感じが鼻について個人的にはダメですね。「The Lord's Prayer」は静かな雰囲気の曲。
B面1曲目は「A Kind Of Love 」は珍しくリズミカルな曲。「Just What I've Been Missing」も同様。バックコーラスも入ってますがやはりソロの印象が強い感じ。中途半端かな。「When You'll Be Mine」は歪んだギターの音が入っていてハードな印象。曲自体はまずまずかな。ラストは「You're The One I've Been Dreaming Of」サビはなかなか良いのですが全体的にはもうひとつかと云った出来。

|

« Can I Jingle Your Bell/Bigg Robb | Main | Your Song/The Dells »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Can I Jingle Your Bell/Bigg Robb | Main | Your Song/The Dells »