« コッリーナの愛したチーム | Main | The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul »

November 26, 2005

You've Been A Long Time Coming/Exportations

exportationsmeet_the_exportations1978年のアルバム。
「Living Proof」の前身。「Living Proof」のジャケット写真と比べると確かに同じ順番で写っています。特徴からして間違いないですね。
「Strange Sensations」ミディアムテンポにファルセットが良い感じ。「Fell In Love Too Late」リードボーカルを活かした曲と云う印象。コーラス隊のサポートも良い。「Loving Power」の頃の「Impressions」を連想しました。「Kiss Me Love」はファンキーな印象かと思ったら結構まともに歌ってます。ちょっと中途半端かな。「Main Ingredient」ゆったりしたテンポのなかでしっかりした歌いっぷり。
B面1曲目は「You've Been A Long Time Coming」間違いなくこのアルバムのベスト。リードがコロコロ変わるあたりタバレス風でもありますがコーラスはこちらの方が上。あっという間の8分。「Music」はディスコナンバー。ラストは「Strange Sensations(Instulumental)」
アルバム全体を通してもかなり良質な出来だと思われますが、やはり時代がそんな時代じゃなかったと云うことでしょうね。

|

« コッリーナの愛したチーム | Main | The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コッリーナの愛したチーム | Main | The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul »