« Real Love/Lakeside | Main | 日本のrootkitの犯人探し »

November 23, 2005

The Soul Of ...... Detroit-その1

the_soul_of_「SOUL SUPPLY」からのシリーズ。「The Northern Soul Story」と同じシリーズの様に思えますが番号が入ってません。また、ポスターが入っていて、この中では「The Northern Soul Story」が15枚と「The Modern Soul Story」が3枚の写真が入っています。
Side1
♪Don't Do Nothing/Conny Van Dyke
1966年の作品。女性シンガーですかね。サウンドは確かにデトロイトですね。
♪That Girl Of Mine/Persians
1966年の作品。こちらは男性シンガーのリード。
♪You Counterfeit Girl/Rivieras
1966年の作品。リードボーカルが何人もいてコロコロ変わっていますね。
♪I Found A Love/Dee & Joe
1968年の作品。デュオらしい歌いっぷり。
♪Hurt By Love/Silky Hargreaves
1964年の作品。たしかに古い感じ。
♪Love You Like You Never Be Loved/The Falcons
1966年の作品。コーラスグループとしてもかなり良質のコーラスを展開してくれます。
♪My Love Looks Good On You/The Fabulous Peps
1966年の作品。この曲もボーカルグループらしい出来。
♪Girl You Better Hurry/The Perfections
1971年の作品。スィートファンにも御薦め出来る出来。格好良くて気に入りました。
Side2
♪My Worlds Is On Fire/Jimmy Mack
1967年の作品。アップテンポでこれも時代の音かな。
♪Let My Baby Go/The Embraceables
1968年の作品。女性グループのようですね。
♪Whenever I'm Without You/The Dynamics
1966年の作品。スィートファンにはおなじみの「The Dynamics」知っているよりも古い音ですね。しかし良い雰囲気です。
♪If You Haven't Got Love/The Masterkeys
1966年の作品。この曲もボーカルグループらしい出来。
♪Don't Let True Love Die/The Superlatives
1967年の作品。ちょっぴりコミカルなところが面白い。
♪Go Go In/Genre Cooper
1966年の作品。リズムが正に60年代。
♪I Got The Power/The Masqueraders
1966年の作品。ありゃ、また「The Masqueraders」ですか?
♪I Have Faith In You (Inst)/Detroit Symphony Featuring Doni Burdick
1967年の作品。インパクトは余り無いけどこれはこれで良いかも。

|

« Real Love/Lakeside | Main | 日本のrootkitの犯人探し »

Comments

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
南北ディープ甘茶問わず雑食で聴いている自分としては、アドヒスタさんが選ばれているアルバム(CD)にちょくちょく刺激を受けております。これからも面白い盤をお教え下さいね。

Posted by: precious2 | November 23, 2005 at 09:17 AM

precious2さん、コメントありがとうございます

他でも書いた様に、手持ちのレコードをiTunesに取り込むついでにブログにアップしているだけで今のところ大した内容がないので恥ずかしい限りです。

なかなかソウル系のジャケット写真が無いので手持ちの分だけでもとアップすることに努めています。

毎度のことながらB面になると集中力が切れて淡白な紹介になっていますのでご注意ください。(^^;

Posted by: アドヒスタ | November 23, 2005 at 01:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Real Love/Lakeside | Main | 日本のrootkitの犯人探し »