« The Soul Of ...... Detroit-その1 | Main | Love Magic/L.T.D. »

November 23, 2005

日本のrootkitの犯人探し

SONY BMGのrootkit問題でいつも参考になる話を掲載されている「若旦那の独り言2005 Ver.3」さんで「日本のrootkitの犯人は何だ?」のエントリーが上がっています。

「そしてやっぱりおかしいのは日本国内ではXCP採用のタイトルは5万枚しか売れてないのに、rootkitが入ったPCは最低20万台もあるという事実だ。5万枚売れたモノは最低4人の人に貸し回しされたってことか?ありえない。」

仮に、レンタルを疑った場合、http://www.pat.hi-ho.ne.jp/kidana/56gou.txtの中に
「TUTAYAレンタルショップの店舗数 1140店(2003年7月現在)」
と有りますから、5万枚/54タイトルですから大雑把にいって、1タイトル1000枚ということになりますから、全店舗に1枚づつ配ると枚数は捌けますね。
4回レンタルされて全数がパソコンに取り込まれれば20万台になりますから、他にも実際に購入された方が見える訳ですから無理な数字では無いかも知れません。
「TUTAYAレンタルショップ」で見てみますと何も話は無い様ですね。大丈夫か?レンタル屋。

|

« The Soul Of ...... Detroit-その1 | Main | Love Magic/L.T.D. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« The Soul Of ...... Detroit-その1 | Main | Love Magic/L.T.D. »