« Danced Across The Floor/Jimmy 'Bo' Horne | Main | スイスは20歳の逸材がそろってゴール »

November 14, 2005

Love Ballad/L.T.D.

l1976年のアルバム。
1974年のアルバム「Love Togetherness & Devotion」とはメンバーが変わって女性シンガーがいなくなったようです。ジャケット裏面を見ると11人の大所帯。1曲目はアルバムタイトルでもある「Love To The World」洗練された感じに仕上がっています。「Time For Pleasure」はギターが刻むリズムが大活躍。曲はイマイチ。「Love Ballad」そのまんま。このアルバムはこの曲の為に有るというか、この曲の為だけで買う価値がある。それくらいの出来。オーソドックスなリードボーカルが素敵です。
B面1曲目は「Get Your It Together」軽めのファンクナンバー。「Let The Music Keep Playing」はバラード。しかしピアノの性か妙に軽く感じます。「The Word」アップテンポの作品。中途半端な出来。ラストは「Love To The World Prayer」子供の声が入っています。曲としては全然ダメ。全体的な雰囲気からしてもコンセプトアルバムって感じなんですがその手で良かった試しが無い様な気がします。

|

« Danced Across The Floor/Jimmy 'Bo' Horne | Main | スイスは20歳の逸材がそろってゴール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Danced Across The Floor/Jimmy 'Bo' Horne | Main | スイスは20歳の逸材がそろってゴール »