« The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul | Main | Goodbye My Love/James Brown »

November 27, 2005

Is It Over/L.T.D.

l1983年のアルバム。
解説に依ると通算9枚目だとか。ジェフリー・オズボーンは抜けている様です。「For You」オーケストラチックなサウンドで熱のこもった歌いっぷりが印象的。リードボーカルがレスリー・ウィルソンで「New Birth」から移ってきた様です。「Stop On By」ファンク。リードはアンドレ・レイらしい。「Is It Over」はスローバラードですがかなり良いムード。「Steppin' Out (Wid Ma Baby)」はファンクナンバー。
B面1曲目は「Slick」彼等らしいファンクナンバー。「Caught In The Middle Of Goodbye」はバラードですがちょっぴりポップ寄りで中途半端な感じに思えます。「Watcha Gonna Do」もファンク。個人的には前の2曲よりは好きな感じ。ラストは「Party With You (All Night)」これまた中途半端な感じ。
Amazon.comでは他のアルバムが軒並み4〜5の評価なのにこのアルバムだけ「1」って。分からなくも無いか。

|

« The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul | Main | Goodbye My Love/James Brown »

Comments

それでも私は For You が好きです!!
もう少し音圧があればもっと凄いのに‥レコードのせいかな??

Posted by: ゆう | August 18, 2006 at 03:01 PM

このアルバムの場合2曲は飛び抜けて良くて、堂々たるバラードナンバーの「For You 」とソウルでは以外と珍しい息づかいが聞ける「Is It Over」が聞き物ですね。
レコードの性じゃなくてオーディオってことも有ったりしますから.....。
私は家庭内での立場からヘッドホーン派。(^^;

Posted by: アドヒスタ | August 18, 2006 at 07:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul | Main | Goodbye My Love/James Brown »