« コタツの足 | Main | Soul Deep Vol.3 »

November 03, 2005

I'm Through Trying To Prove My Love To You/The Manhattans

the_manhattansback_to_basics1986年のアルバム。
「Change Of Heart」は音が固めでコーラスはいつものコーラスですが中途半端なリズムにリードは乗り切れてない印象。「Where Did We Go Wrong?」は女性ボーカル入り。デュエットナンバーと割り切れば充分楽しめる出来。プロデュースがなんと「ボビー・ワーマック」ですが、頭の中ではどうしても繋がらない。「All I Need」は早めのテンポ。まずまずの出来ですがやはり固めの音。プロデュースが1曲目と同様「Khalis Bayyan(Ronald Bell)」とありますが何処かで聞いた名前ですね。「I'm Through Trying To Prove My Love To You」笑っちゃうくらい「ボビー・ワーマック」の曲です。残念ながらマンハッタンズの良さは出てませんが 曲の良さは十分伝わります。「Mr, D.J.」この曲も「ボビー・ワーマック」らしい曲。
B面1曲目は「Back Into The Night」かなり格好良い出来。これはこれで有りかも。「Just Like You」この曲以降は「Leo Graham」のプロデュース。本当に普通の曲になってます。「Maybe Tomorrow」中途半端かな。「Don't Look In My Eyes」はオーケストラチックな曲に仕上がってます。ラストは「Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)」久しぶりに頭からの語りですよ。曲はグラディス・ナイトの名曲。出来は比べるまでも無いですが久しぶりの語りですから許す。

|

« コタツの足 | Main | Soul Deep Vol.3 »

Comments

Khalis Bayyan(Ronald Bell)って、クール&ザ・ギャングのメンバーだった人でしょか…未だ謎なんで情報ありましたら…

Posted by: Bobby | May 30, 2009 at 12:01 AM

Bobbyさん、初めまして(かな?)
いろいろ調べてみますとやっぱりKool & The Gangですね。
以下のページがまとまっているかと思います。
http://www.discogs.com/artist/Khalis+Bayyan

Posted by: adhista | May 30, 2009 at 05:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コタツの足 | Main | Soul Deep Vol.3 »