« 「SOUL ON」誌 #108 | Main | When We Are Made As One/The Manhattans »

October 31, 2005

Times Have Changed/King Floyd

king_floydheart_of_the_matter「Groove Me」でヒットを飛ばした「King Floyd」の1971年のアルバム。
「Times Have Changed」自作の曲のようですがパーカッション系が聞きまくりでちょっぴり変わった雰囲気ですが結構気に入りました。そういえば「VIP」レーベルでモータウン系列ですね。「Together We Can Do Anything」もまずまずですが、なぜかシカゴ系の音に思えます。そういえばこの頃のモータウンはデトロイトでしたね。「Heartaches」アップテンポのナンバー。軽めです。「You've Been Good To Me, Thank You」は正にモータウンの音。「Take The Place Of A Dying Man」は70年頃の音ですね。結構ポップな感じ。
B面1曲目は「This Is Our Last Night Together」ホーンの音が出だしに入るのですがカントリー&ウエスタンの映画なんかに出てきそうな感じの音。「You Got The Love I Need」曲がイマイチ。「Love Ain't What It Used To Be」なぜか妙に「なよっ」とした感じでオカマ風に聞こえるのは私だけだろうか? 「I Can't Get Enough Of Your Love」ソウルっぽい歌い方をしようとしているのに巧く行かない感じを受けたりします。lラストは「Groov-a-lin」アップテンポですが思ったよりグルーブ感が有って面白い出来。

|

« 「SOUL ON」誌 #108 | Main | When We Are Made As One/The Manhattans »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「SOUL ON」誌 #108 | Main | When We Are Made As One/The Manhattans »