« セントレアに行ってきました | Main | Evening Of Love/The Main Ingredient »

October 10, 2005

Lovin' Man/L. J. Reynolds

l1984年の作品。
「Lovin' Man」はアップテンポでかなりファンキーな作品。途中に女性の歌が入るんですがライナーノーツを見たら「Rap Vocal」って書いてありましたが何それ?「Don't Give Up On Us」一転してスローバラード。実力を魅せるって感じの曲なんですが曲自体がつまらない気がします。「Don't Lete Nobody Hold You Down」最初にベースのソロで始まりますがミディアムテンポの作品で完成度は高いのですが、かなりコンテポラリーな感じでイマイチ楽しめない気がします。「Don't Worry」面白い所も有るのですが全体的にはいまいちな出来。
B面1曲目は「Touch Down」やっぱりコーラスが無いとな〜。「Love Take 2」はミディアムテンポで余裕な歌いっぷり。「Weigh All The Facts」アレンジとかに違和感を覚えます。ラストは「Love Me All Over」所々らしさが出ていますのでまずまずかな。

|

« セントレアに行ってきました | Main | Evening Of Love/The Main Ingredient »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« セントレアに行ってきました | Main | Evening Of Love/The Main Ingredient »