« 「来週は何も新製品は発表しないよ」 | Main | 第16回 アユの産卵を観る会 »

October 22, 2005

Love Is What You Make It/Masterpiece

masterpiecethe_girls_alright_with_me1980年の作品。
「The Girl's Alright With Me」ファルセットボーカルで何か60年代のモータウンの雰囲気。良く聞くとテンプス風だったりします。「High On Love」もファルセットがリードを努めます。しっかりコーラスグループしていて気に入りました。「Take A Look Around」ソウルフルなリードが素敵です。かなり実力派ですね。曲自体はもう少しって所。「You + Me = Love」はテンプス風ロック。裏ジャケットを見るとあらら、ノーマン・ホイットフィールドがプロデュース&アレンジだって。なるほどテンプス風ロックは彼のプロデュースですからね。
B面1曲目は「We Like To Get Down」アップテンポのナンバー。なかなかファンキー。「Don't Take Your Love From Me」はディスコナンバー。ベースシンガーが初めて出てきた。やっぱりかなりな実力派。この曲はバックのソロも目立ちます。「Love Is What You Make It」は雰囲気たっぷりな曲で後半には語りも入ってます。sweeet!!! ラストは「Thank You For The Love」アップテンポ。リードが変わりまくりと云った感じ。こういった所はグループの醍醐味ですね。

|

« 「来週は何も新製品は発表しないよ」 | Main | 第16回 アユの産卵を観る会 »

Comments

このジャケの人は男と言う噂があったように思いますが、真相は??

Posted by: LUV | November 04, 2005 at 01:15 PM

>このジャケの人は男と言う噂があったように思いますが、真相は??

記憶に無いですね。
そういわれればそうだった気もするし.......。

記憶力が無いのは自信が有ります。(^^;)

Posted by: アドヒスタ | November 04, 2005 at 08:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「来週は何も新製品は発表しないよ」 | Main | 第16回 アユの産卵を観る会 »