« バザーとお手伝い | Main | How Will I Live/New Birth »

September 24, 2005

Key To The World/L. J. Reynolds

L. J. Reynolds-L. J. Reynolds

ドラマチックスのリードボーカルとして有名な「L. J. Reynolds』のソロアルバムです。「Key To The World」何かコンサートのオープニングの様な出だしが無茶苦茶格好良いのですが全体的にはジャズの雰囲気です。とにかく格好良いです、本当に。「Why Do You Do The Things You Do」はまずまず。「Tell Me」もまずまず。「I'm Still In Love With You」はスローナンバー。「We Can Work It Out」はアップテンポ。どちらもイマイチかな? 結局のところ「L. J. Reynolds』らしさが見られないということ。
B面1曲目は「Ain't No Woman like My Baby」はなかなか良い雰囲気ですが普通のシンガーになっています。「Southern Pearl」はスローナンバー。悪くは無いのですがもう少しかな。「Lonely Superstar」全体的な出来はまずまずなんですが、スキャット(?)の部分は良いですね。ラストは「I Love Doing What Makes You Happy」曲がイマイチかな? 多少らしさが出てますから、結構聞けます。
アルバムとしてはいまいち「L. J. Reynolds』らしさが出てなくて残念。しかし、「Key To The World」は圧倒的に良い出来。

|

« バザーとお手伝い | Main | How Will I Live/New Birth »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バザーとお手伝い | Main | How Will I Live/New Birth »