« Not On The Outside/Positive Express | Main | Bout Dat Time/Pieces Of A Dream »

August 17, 2005

My Soul Is Free/Paul Beasley

paul_beasleymy_soul_is_free元々はゴスペルシンガー。ひょっとしてこのアルバムだけかもしれませんがソウルミュージックと云って良いと思います。「My Soul Is Free」内容は先ず間違いなくゴスペルでしょう。しかし物凄く聞きやすいし宗教のいやらしさが薄くなっています。聞き所は終盤のファルセット。ここまで高い音はミニー•リパートンを思わせますが伝わる物はこちらの方が有ります。「Love Has Taken It All Away」ファルセットとはちょっぴり違う様な気がしますがにた雰囲気が素敵です。EW&Fがやりそうな極上のソウルバラードと云って良いと思います。「Thank You Jesus」はタイトル通りゴスペルです。ただし所々R&Bの香りもします。「Isn't It Just Like Jesus」は歌詞を聞かなければそこそこのソウルミュージックかも。ソウルミュージックファンからすればゴスペルでもゴスペルファンにしてみればゴスペルはこんな物じゃないと云われるかも。「Trouble Don't Last Always」かなりギターが効いてますがブルースよりはR&B系の音かな?コーラスもなかなか良い出来。
B面1曲目は「Sure Enough」この曲はゴスペル系だと思いますがリラックスして聞けます。「I'll Go」はちょっぴり重めのサウンド。良く聞けばかなりドラマチックな曲だと分かりますがもう少しポップだと評価も上がるんですが残念。「Joy's Coming In The Morning」は中途半端かな。ラストは「There's A God」この曲もゴスペル系かな。
内容的にはかなり良い出来。ゴスペルとかソウルとかは無しでも満足のいく作品。

|

« Not On The Outside/Positive Express | Main | Bout Dat Time/Pieces Of A Dream »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Not On The Outside/Positive Express | Main | Bout Dat Time/Pieces Of A Dream »