« Holding On/Mike Carr's Cargo | Main | 田舎のソウルファンにもうれしい「iTunes Music Store」 »

August 04, 2005

Celebrate Our Love/Ray, Goodman & Brown

ray_goodman__browntake_it_to_the_limit1986年のアルバム。ここまでくると完成されたスタイルで安心して聞いていられます。1曲目はアルバムタイトルの「Take It To The Limit」結構もうけちゃったって感じでジャケット裏面には豪華クルーザーに水着美女をはべらせちゃったりしています。曲も問題なくGood !! 「(Baby) Let's Make Love Tonight」が電話の音で始まるんですがこの音が妙に軽い音なんですがアメリカではこんな音なんですかね?曲は安心して聴いてられます。「Good Love」ドラムスが頑張ってていつもの感じにちょっぴり味付け。でもいまいち。「Celebrate Our Love」ベースシンガーが頑張ってますね。語り入りで曲も分かりやすくて良いですね。
B面1曲目は「Why Must I Wait」珍しくアップテンポでその上始まり方がかなりファンクでちょっぴり驚いた。出来はまずまず。「Waiting For Dawn」これまた安心して聞けます。「We've Got Tonight」当たり前すぎてインパクトは無いな。聞き流すには最適。ラストは「Someone's Missing Your Love」久しぶりに自己紹介してるのを聞きました。アル・グッドマンがベースシンガーですね。分かりやすくて良いな。

|

« Holding On/Mike Carr's Cargo | Main | 田舎のソウルファンにもうれしい「iTunes Music Store」 »

Comments

はじめまして、taro0o0o0o0o0といいます。
レイグッドマンのレッツ・メイク・ラブ・トゥナイトで
検索していたらこちらにたどり着きました。
SOULのアルバム情報、知らないこともたくさんあって、
また遊びに来たいと思います。
よろしくお願いします。

Posted by: taro0o0o0o0o0 | September 24, 2005 at 12:29 PM

コメントありがとうございます。
こちらこそよろしく御願いします。
Blogを拝見させていただきました。記事の内容が良いですね、私もあの様な記事が書きたかったのですが、音楽の好みがマイナー過ぎる為か、レコードジャケットをインターネット上で探すのも大変でしたので今のスタイルにしています。
iTunesを使う様になってから、昔のレコードを取り込んでいますのが、今のペースで取り込んでも来年一杯でも無理かと思いますから、現在はアルバムの情報は調べることはしていません。
マイナーな資料は残してありますので過去の情報を調べることは出来ますのでなにかありましたらご連絡ください。お役に立てるかは分かりませんが。

Posted by: アドヒスタ/管理人 | September 25, 2005 at 06:35 AM

“midnight for lovers”というCDを探し続けて20年!その中の電話のベルで始まるレイグッドマンの曲は印象的でした。また聞きたいな~

Posted by: shokorin | October 21, 2006 at 09:04 PM

聞いた事が有るタイトルだと思ったら「Midnight Lovers」でした。
http://muto448.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/midnight_lovers.html
グーグルで探しても1件だけでしたね。
http://www.muziekweb.nl/m0/shared/cat/ti/ti.php?t=JK50075
バラで探しても比較的手に入りやすいアーチストが多そうですが......最後の1〜2曲で苦しみそうな気もしますね。私も30年近く探していた曲をゲットした事が有りますから諦めないでチェックする事でしょうね。

Posted by: アドヒスタ/Adhista | October 21, 2006 at 09:41 PM

ありがとうございます。頑張ります!

Posted by: shokorin | October 22, 2006 at 07:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Holding On/Mike Carr's Cargo | Main | 田舎のソウルファンにもうれしい「iTunes Music Store」 »