« Come On Let's Do This/The Rude Boys | Main | 久しぶりのMacPOWER »

July 19, 2005

She's Mine/Basic Black

basic_blackbasic_blackこのCDも10年以上ぶりに手元の戻ってきました。「She's Mine」この曲も「New Jack Swing」らしいですね。コーラスとの掛け合いもイカしてて良く出来てます。「Give Your Love To Me」サビの部分の出来が前回の「The Rude Boys」に比べると出来が良いですね。「What Ever It Takes」はかなりハードな出だしで始まります。これはっと云ったリードで無いのですが巧く使ってます。これはプロデューサーやアレンジャーの腕かも。まあモータウンからでてますので納得。「Nothing But A Party」も良いな。「Special Kind Of Fool」はスローナンバー。オーソドックスなナンバーだけにコーラスグループとしての実力はまだまだだと思います。まあジャケット見ても若そうだからしょうがないか。「It's A Man Thang」ちょっとアレンジやり過ぎ。実験的過ぎるな。「Don't Make Me Fall In Love」オーソドックスな「New Jack Swing」と云った所。サビがしっかりしている分「The Rude Boys」に比べて安心して聞けます。「Baby Can We Talk」は「New Jack Swing」の味付けが薄い分コーラスグループらしくなっています。と云ってもリード+αって感じですけど。リードはかなり頑張ってます。「Now Or Never」は「Baby Can We Talk」と同じタイプですけど並みの出来。ラストは「Stupid (Featuring Zan)」は語りから始まりますが (Featuring Zan)ってなに? どうやらラッパーっていうのかな。かなりな部分がラップになってます。曲はまあこんなものでしょう。

|

« Come On Let's Do This/The Rude Boys | Main | 久しぶりのMacPOWER »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Come On Let's Do This/The Rude Boys | Main | 久しぶりのMacPOWER »