« ボーナスはだいたい出たかと思いますが | Main | Simply Beautiful/Silk »

June 30, 2005

You Can Leave, But It's Gonna Cost You/Marvin Gaye

marvin_gayehere_my_dearSide1/「Here, My Dear」落ち着いた感じで始まります。語りかける感じ。「I Met a Little Girl」こちらも落ち着いた優しい感じ。「When Did You Stop Loving Me, When Did I Stop Loving You」タイトルからして内容が分かるんですが、曲自体はなかなか聴かせてくれます。なんたって3回もこの曲が出てきますから。しかしマービン・ゲイの曲ってかなりな量がリードボーカルの旋律と楽器のソロパートの旋律が違うんですよね。それでも全然破綻してなくて高いレベルでまとまってるってのは一体何なの? 「Anger」タイトルほどって感じじゃない。
Side2/「Is That Enough」は大人しい感じ.インパクトは無し。演奏が多いみたい。
「Everybody Needs Love」音的には基本的に「Let's Get It On」からの音です。同じ2枚組でもスティービー・ワンダーに比べたらかなり良い。しかしこの頃のマービン・ゲイを分かってないといまいちに思えるかも。って普通に聴いてたら、洗練された曲ばかりだけれども、同じような曲の繰り返しでくどいと思えるかも。「Time to Get It Together」は今回聞き直しての収穫かもしれないな。結構気に入りました。
Side3/「Sparrow」この曲で特徴的なのはサックスのソロですね。ジャズの雰囲気が強いですが、マービン・ゲイの歌と声が物凄くマッチしてます。「Anna's Song」この頃は離婚裁判の頃(後か?)だったはずで内ジャケットには財産を全部渡して残ったのは音楽だけだったってのがイラストで描かれてます。まあ、相手が悪すぎたな。愚痴を言いたくなるのも分かるな〜。歌自体は淡々と歌ってる所が何とも哀愁が漂ってるな〜。「When Did You Stop Loving Me, When Did I Stop Loving You (Instrumental)」こちらはインストルメンタル。
Side4/「A Funky Space Reincarnation」これはお気に入りの1曲。サウンドが素晴らしい出来。作りが面白いというか。「You Can Leave, But It's Gonna Cost You」こちらもお気に入り。ホット&クール.本当に天才としか思えない作品。「Falling in Love Again」この曲もお気に入り。マービン・ゲイの特徴の一つがコーラスというかボーカルパートの使い方だと思いますが凄すぎる。ラストが「When Did You Stop Loving Me, When Did I Stop Loving You (Reprise)」1分無いから、、、。

|

« ボーナスはだいたい出たかと思いますが | Main | Simply Beautiful/Silk »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ボーナスはだいたい出たかと思いますが | Main | Simply Beautiful/Silk »