« Sailing/Soul Generation | Main | It Started Out/Stylistics »

June 20, 2005

Wonderful World Of SAM COOKE/SAM COOKE

sam_cookesoul_collection「SAM COOKE」の日本盤「Soul Collection」はなんと3枚組。さすがに辛いものがあるので3回に分けて紹介します。もともと3枚それぞれにサブタイトルが付いていて今回は「Wonderful World Of SAM COOKE 」
A面1曲目はおなじみ「You Send Me」桜井ユタカ氏によるライナーノーツには57年10月から58年にかけてのヒットとあります。って、もうじき50年じゃないですか。「Win Your Love For Me」58年夏から秋にかけて。「Love You Most Of All」はあのハーブ・アルパート作とか。びっくりです。「Everybody Loves To Cha Cha Cha」はラテン色のナンバー。「Only Sixteen」もかなりポップな作品。けっこう「SAM COOKE」の作品はポップなんですよね。「Wonderful World」も好きな曲の一つ。演奏なんかはポップスのものです。黒人のR&Bなんかじゃないですよ、絶対に。
B面1曲目は「Chain Gang」なんたってバックのかけ声が最高。原曲は黒人の間で古くから歌われているワークソングだそうです。「That's It-I, Quit-I'm Movin' On」は桜井ユタカ氏もあまりなじみの無い曲って云ってますが演奏の雰囲気が他の曲とかなり違うようにも思います。「Cupid」こちらも好きな曲ですが、なぜかいつもウエスタン映画(?)を思い出しちゃいます。「Twistin' The Night Away」も有名な一曲。曲としては完璧な一曲じゃないかな。文句の付けようなし。「One More Time」はバラード。桜井ユタカ氏は「味のある佳曲」って書いてますが確かにその通りだと思いますがインパクトには欠けますね。ラストが「Another Saturday Night」で黒人っぽいところが気に入ってます。

|

« Sailing/Soul Generation | Main | It Started Out/Stylistics »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Sailing/Soul Generation | Main | It Started Out/Stylistics »