« 高速16号一宮線(清洲JCT〜一宮)開通 | Main | パソコンのリサイクル »

February 12, 2005

Pagesについて

ワープロベースのPagesにはやっぱり手間がかかりすぎるということでなかなか使えないのですが、月一の通院ということで待ち時間にユーザーズガイドを見てみました。ということで、Apple Works 使いとしては納得いかないのの一番がレイアウトなんですが、何たって勝手に位置が変わっちゃうのは時間ばかりかかって使えない一番の原因だったりします。で、読んでみたら。例えば画像等のオブジェクトには2種類有って『インラインオブジェクト』は移動しちゃいますが、『固定オブジェクト』は移動しないとのこと。要は、せっかく決めた位置を勝手に動かして欲しくない訳で、固定しておけばページがイメージ通り出来る訳ですからとりあえず今後は『固定オブジェクト』を多用しようと思います。
チョッと思たんですがドロー>表計算>ワープロ。これは位置決めの分かりやすさです。ドローははなっからここから開始と云ったように意図通りの位置に決めれます。ワープロは「インデント」とかで位置は移動出来る様ですが、位置決めに手間がかかります(かからないとしたら分かりにくい)、これに対し表計算ははなっから表で区切って位置をハッキリしてる。もしかして『エクセル』が多用される理由の一つがワープロより『位置決め』が分かりやすいからでしょうか。
これとは別にKenote 2に関して、『Kenote 2の画面表示サイズは最初にテーマを選ぶときに800×600か1,024×768かを選択するしかないと思っている人もいるようだが、実は縦横サイズは最小値200まで指定できる』と云う記事が松田純一Macテクノロジー研究所に有りました。これでApple Works代替えに一歩近づきました。Kenote 2を代替えにしようとするのもなんですが(^^;

|

« 高速16号一宮線(清洲JCT〜一宮)開通 | Main | パソコンのリサイクル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高速16号一宮線(清洲JCT〜一宮)開通 | Main | パソコンのリサイクル »