« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

The Bright Lights And You Girl/Whispers

whispersthis_kind_of_lovin_1981年のアルバム「This Kind of Lovin'」、ほとんどアルバムタイトルの「This Kind of Lovin'」だけかと思っていましたが、インパクトの有る曲ではないのですが、スローで始まって途中からアップテンポに変わる「I'm Gonna Love You More」、ミディアムテンポの「Can't Stop Loving You Baby」スローの「I'm the One for You」、「What Will I Do」となかなかの佳曲ぞろい。
チョッと毛色が違うのが「The Bright Lights and You Girl」ジャジーな感じで全体にはビッグバンドを従えたWhispersと云った感じでこれはこれで悪くないかなと.............。

| | Comments (0)

February 27, 2005

Let's Fall In Love Again/The Younghearts

Younghearts-All-About-Love『甘茶ソウル百科事典」に曰く(p.258)、『ミディアムであれスローであれ、全体を通して非常に気持ち良さに貫かれたアルバム。」まさにその通り。それも1曲目の「Let's Fall In Love Again」で全部分かちゃう感じ。2曲目は「Sho' Nuff Must Be Love」雷の音で始まるスロー。「Love For Loveは虫歯になりそうな甘〜いコーラスと後半から入る乾いたサックスが印象的。
B面はA面に比べると明らかに落ちるけれど「Make A Little Wish」等なかなかの出来。

| | Comments (0)

バイナウ「Mac mini」

carrying_box_050111今日は町内の神社で「祈年祭」ということで、目出たいついでに「Mac mini」をバイナウ。
\(^o^)/
オプションで80GBGHD、SuperDrive、当然メモリは512M。持ち運びは楽そうだからAirMac Extreme、内蔵用Bluetoothは後日追加する予定。納期は2-3週間だそうで。

| | Comments (0)

February 26, 2005

FileMaker 7の開発者向けresourceサイトが開設

FileMaker 7の開発者向けresourceサイトが開設されました。「sevensdoor.com」。「FileMaker Developerたちが競って編み出した各種tipsは、FileMaker 7の登場により、その多くがリセットされることになった。」..............ずいぶん変わったからな〜。
「リレーションで極めるファイルメーカー7」なんて本も出てたんですね。今一番問題なのはインライン入力が出来ない箇所が有るんだよな〜。なんでかな〜?

| | Comments (0)

I Stand Accused/Charles Brimmer

charles_brimmerサザンソウルで1枚選べと云われればこのアルバム「EXPRESSION OF SOUL」は第一候補です。サウンド的には完全で完璧なサザンソウル。「Let Me Make Love To You」なんかはスゴイの一言でしょう。「Please Let Me Come Home」は始めに電話の音が入ります。3曲目は定番「God Bless Our Love」正座して聞くらいの価値があります。(8分間だけど)
個人的に一番気に入っているのは「I Stand Accused」。裁判所での弁明(?)を切々と歌い上げています。
「Love Me In Your Own Way」はサザンソウルに良く有るタイプ。B面3曲目はカーペンターズの「We've Only Just Begun」。オリジナルのさわやかな感じは有りません。「Just Another Morning」はチョッと軽めのナンバー。「The Music Is Funky (Is It Alright)」はダメ。

| | Comments (0)

February 25, 2005

Showed Me The Way/Sam Dees

samsecret確か70年代の初めに買ったアルバム『SOUL DEEP』に出ていましたから、大ベテランです。初っぱなの「Going Through The Motions」は良くないんですが耳に残っちゃうな。「Showed Me The Way」ほ本当にしっとりした歌いっぷりでソウルミュージックの良さはこんな所に有ります。「I Am Forever By Your Side」は普通かな。「I Live For Your Love」は出だしからコーラスグループが歌いそうな感じ、コントローラーズあたりが似合いそうだな。「After All」はチョッと中途半端か新しめに作ってあるんですがサビが弱いと思う。

| | Comments (0)

February 24, 2005

チョッと見直した『岐阜県」

先日の記事「岐阜県建設産業再生ポータルサイト」に担当者様からのコメントが有りました。ありがとうございます。
いや〜、本当にビックリした。梶原知事から古田知事(多分)に変わったからかとも一瞬思ったが、そんなに早くは出来ないな。岐阜県はそんなことすることは無いと思ってました。良い方に変わっていることは大歓迎です。
建設CALSでは先進的な動きをして来た岐阜県では有りますが、一部のみががんばっている状態で多くは旧態然としていることを考えると県のサイドから積極的に経営者側の尻を叩いて行かないとますます悪い方向に進んでしまいます。「箱もの」と云われる建設CALSセンター(?)よりも「岐阜県建設産業再生ポータルサイト」のほうがより良いやり方かも知れません。
建設業の理念とかいったものは「桃知商店』様の考え方で良いと思いますが、実例みたいなものも取り上げていただけると有りがたいな。
会社の朝礼の際に、「岐阜県建設産業再生ポータルサイト』の話はしましたが、我々下々のものにはまだ遠くの話の様でなかなか反応は帰ってきません。今後も参考にさせていただいて朝礼のネタにさせていただこうと思っています。

| | Comments (0)

And the Beat Goes On/Whispers

Whispers-Whispers「SOLAR」レーベルに移籍してからの「Whispers」は癖は薄くなったのですがサウンド的には洗練されて良くなりましたね。アルバム単位では以前の方が好きなんですが、ベスト盤対決なんて日には曲自体の完成度は「SOLAR」レーベルに移籍してから方が上です。かなり枚数も出ていることから初心者には間違いなくベスト盤がお勧めですね。
間違いなく「And the Beat Goes On」がベストでしょう。日本でもかなり聞ける曲です。2曲目はテンプテーションズの「My Girl」、ちょっと軽めの仕上がり。「Can You Do the Boogie」は「GQ」の名作「DiscoNights」の似た所が有ります。
スローは3曲「Lady」「I Love You」「Welcome Into My Dream」。どれも良いが中では「I Love You」が一番好みかな。
個人的に一番問題なのが「Song for Donny」。中味はクリスマスソング『This Christmas』と同じなんですね。おそらくこちらがオリジナルかな?どちらにしても書いているのはダニー・ハザウェイ。

| | Comments (0)

February 23, 2005

花粉症に良いかも?

久しぶりに「padma colors」を見たら「ニューハイドラという水フィルター掃除機を買いました』という記事が有りました。「部屋のホコリに悩む喘息患者の皆様にニューハイドラをオススメします。」って有りますがリンク先を見たら、花粉も補足する様でひょっとして花粉症にも良いかも。とりあえず覚えておこう。

| | Comments (0)

オセロゲーム完勝

javersi_270シンプルなオセロゲーム「Javersi 」初めて「27-0』で完勝しました。こんなこと有るんですね。\(^_^)/

| | Comments (0)

February 22, 2005

In My Dreams/Will Downing

will_downing「Will Downing」は「Free」の印象が強いのですがこの「In My Dreams」もかなり良い出来です。初めて「Will Downing」を聞いたのは名古屋市栄の東急ハンズの地下のディスプレイの並んでいる所であまりの曲(Free)の素晴らしさに足が止まっちゃた。ステージの姿が映っていた訳ですがいまでもしっかり覚えています。そんなことはこの一回きりですね。当然と云えば当然で、だってこれくらいのレベルの曲が巷でかかっていることなんてまず無いですからね。
「In My Dreams」は特に出だしなんかは完璧ですね。間奏のサックスも良いし、ただ曲のタイトルの部分が乗り切れないのよね。「Do You?』も良いし、「A Love Supreme」は最初が尺八の様な音ですね。これはCDですがLPなんかだったら本当にヘビーローテーション間違いなしです。
amazonではコチラ

| | Comments (0)

February 21, 2005

富加町のラップ現象

昨日は町内の日帰り旅行で昼神温泉へ行ってきましたが、たまたまガイドさんが富加町の出身ということで一時テレビでも連日放送された富加町のラップ現象の顛末を聞きました。結局現在は治まっている様ですが、テレビでは話題性のあるうちはどんどん放送しますが他の話題が有るとさっさと移っちゃうので、結局どうなったか分からないうちに終わっちゃた。問題が有るとされた件についてお祓いをしてからはラップ現象が出ていないらしい。
昼神温泉は10年程前に行っていてヌルヌルのお湯に好感触を持っていたのですが、今回は全然違ってまして、「ヌルヌル』感が無いのよね〜。しばらく前に中津川の温泉施設が「ヌルヌル』で恵那山を挟んだ反対側でも同じ泉質なんだな〜と思ってましたが、移っちゃったんですかね〜?

| | Comments (0)

February 20, 2005

I Had It All The Time/Tyrone Davis

tyrone_davisi_had_it_all_the_time最初の「Your Love Keeps Haunting Me」から「Tyrone Davis」節が炸裂です。個人的に男性ボーカルのナンバー1が「Marvin Gaye」でナンバー2が「Tyrone Davis」。やっぱり癖の有る歌い方が何とも云えませんね。声で言えば日本でも有名なロッド・スチュワートが近いかな?つまりチョッとかすれ気味です。
日本で一番知られているのは「Turn Back the Hands of Time」でしょう。たま〜にテレビの中でも使われることが有りますから。amazonでは27枚も販売されてますからアメリカではかなりの人気者。
このアルバムは1972年の作品です。3曲目の「This time」はなかなかイカしてます。で5曲目が「After All This Time」。ひょっとしてストーリーになっているかも?
B面3曲目の「You Wouldn't Believe」は後半に語りも入ります。
ラストがこのアルバムのタイトルでもある「I Had It All the Time」でベストナンバーでもあります。初っぱなのホーンがかっこ良い。その後ジェット機のエンジン音から始まってアナウンス。そして電話とくりゃスィートソウルが好きなものにとっては堪えられません。語りが終わると一転テンポアップして、女性のバックコーラスもかっこ良いし素敵です。amazonではコチラから。

| | Comments (0)

February 19, 2005

I'm Still Gonna Need You/The Younghearts

the_youngheartsdo_you_have_the_time1972年の作品。このグループは何故か一部で高い評価がされていたりしますが、このアルバムではちょっと分かりませんね。アルバムタイトルは「Do You Have The Time」。で、中ではタイトル曲と「I'm Still Gonna Need You」が良く出来ています。「I'm Still Gonna Need You」の方がコーラスグループらしい内容。「Do You Have The Time」はジャズの影響が見られますね、これはマービン・ゲイの影響ですかね。曲自体が長いのですがスキャットと語りで半分程終わっちゃうのはチョッとどうかと思いますが後半は評価出来ます。

| | Comments (0)

Make It With You/Whispers

whispersopen_up_your_loveジャケットはなかなかのものですが、結局「Make It with You」だけですか。「I'm Gonna Make You My Wife」、「Love Is a Dream」はまずまず。「Make It with You」はイントロがクール。アップテンポでもちゃんとらしさは出てます。コーラスもいけてます。amazonではコチラ

| | Comments (0)

February 18, 2005

ビジネス文書の作成について

comicstudioex_2.0 for Mac OS Xビジネス文書っていっても単にマニュアルなんですが、いままではアップル・ワークスを使ってましたが、いかんせん遅いし、よく落ちる。「iWork」の「Pages」に期待したのですが、ワープロベースということであえなく断念。とりあえず「Keynote 2」にしようかと思っている訳ですが、ふと思いついてマンガ用の「ComicStudio」が使えないかと思い試用版をダウンロード。テキストを入力してみたら縦書きしか無いみたい。残念〜。金さえ有れば「InDesign」なんだがな〜。他の候補は「CANVAS 9」。

| | Comments (0)

February 16, 2005

Just Say A Four Letter Word(Love)/California Playboys

california_playboystrying_to_become_a_millionaireこれもマニアの間では話題の1枚。ジャケットにはイラストのみでメンバーの写真なんかは無かったりします。この音には聞き覚えが有ると思ったんですが、「The Futures」の「Party Time Man」。ところが「Party Time Man」は1978年で「California Playboys」は1976年ということでこちらの方が先ですね。どの曲も味わいが有って好きですね。ベストを選べと云われれば「Just Say A Four Letter Word(Love)」、一番コーラスグループっぽいからかな?「She's A Real Sweet Woman」も良いし、「I've Got To Find Myself Another Girl』だけがスローナンバーなんですが二流グループっぽい感じが素敵です。

| | Comments (0)

February 15, 2005

I'll Be Around/Ron Henderson And Choice Of Colour

一時はかなりの高値で取引されていた名盤です。演奏もボーカルもマニア好みの出来ではありますね。かなりR&B寄りってこと。何たってベストは「Don't Take Her For Granted」で決まりでしょう。語りから始まってサビの部分はドラマチックだし、ラストのコーラス(?)が何とも云えません。モダンな出だしの「Gemimi Lady」は「Gemini」だと思ってたら「Gemimi」なんですね。ジャケットもレーベルもそうだし。「I'll Be Around」アップテンポでなかなかの出来、「Love Is Gone」も良い。

| | Comments (0)

February 14, 2005

Let's Try It Once With Feeling/Whispers

JANAS時代のベスト盤からの一曲。裏ジャケットにはJANAS時代の4枚、「Planets of Life」、「Life And Breath」、「Love Story」、「Bingo」の写真が出てますが、「Bingo」はいわゆるフィリーサウンドになってます。特に「Bingo」はFENで聞いていて気になっていたのですが、ずいぶん(おそらく数年)たってからWhispersの曲だと知りました。「Love Story」、「Bingo」はレコードを持っていないのですから自分にとっては貴重な1枚になります。他には「Let's Try It Once With Feeling」がもろにフィリーサウンドですがかなり気持ちの良いナンバーになっています。このあたりで一流の仲間入りする準備ができた感じがします。線の細さが消えて自信が現れてますね。

| | Comments (0)

Seems Like I Gotta Do Wrong/Whispers

whispersplanets_of_lifeJanus時代のWhispersはかなりイケてるのですが「Planets of Life」は曲は古い感じがしますがどの曲をとっても良い出来です。(チョッと田舎臭い感じですが)1975年の制作という為か「Planets of Life」はドラマイックスの「Whatcha'see is Whatcha'get」の影響が出てますね。「A Singer of Songs」はコーラスが素敵です。「Creation of Love」は始めに本当に短いんですが語りが入ってます。
ラストが「You Made Me So Very Happy」、ブラッド、スエット&ティアーズで有名な曲ですが、Berry Gordyの曲だったんですか?ブラッド、スエット&ティアーズはほとんど持ってないロックの中でも珍しく持ってたりします。それも発売時のオリジナルだと、日本盤ですから解説に書いてあったかも。
このアルバムのベスト3は上に書いてない「Seems Like I Gotta Do Wrong」、「You Must Be Doing All Right」、「Needle in a Haystack」。「You Must Be Doing All Right」は行進曲の様な出だしが印象的。「Needle in a Haystack」はピアノが印象に残ります。「Seems Like I Gotta Do Wrong」は話し言葉に近い感じと歌の部分が何とも云えません。
amazonではコチラ

| | Comments (0)

February 13, 2005

パソコンのリサイクル

「アップルリサイクルセンター」に申請しておいたリサイクルの伝票が届きました。ミツビシのディスプレイの場合に比べてきちんとしてますね。なぜなら「使用済パソコン排出手順書」なるものが入っている為です。しかし気になることも有ります。というのは、「発泡スチロール等などの緩衝剤は不要ですので入れないでください」と有るんですが、ホームセンターに売っている段ボールではPower Macでは無茶苦茶大きくなってしまうことがあります。なんとか入るのが2番目のサイズ。段ボールはかなり深さが有りますので、2番目のサイズだと縦に入れられます。この場合は緩衝剤が絶対に必要です。既に梱包済みですがとりあえず発泡スチロールだけは無しにしておきます。いや、ポリ袋にしようか?
Power Mac4400はオリジナルの箱が残ってますからその箱で、630と7300はポリ袋ですね。ちなみにミツビシのディスプレイ(17インチ)は一番大きいサイズのポリ袋でも入らなかったので段ボールです。

| | Comments (0)

February 12, 2005

Pagesについて

ワープロベースのPagesにはやっぱり手間がかかりすぎるということでなかなか使えないのですが、月一の通院ということで待ち時間にユーザーズガイドを見てみました。ということで、Apple Works 使いとしては納得いかないのの一番がレイアウトなんですが、何たって勝手に位置が変わっちゃうのは時間ばかりかかって使えない一番の原因だったりします。で、読んでみたら。例えば画像等のオブジェクトには2種類有って『インラインオブジェクト』は移動しちゃいますが、『固定オブジェクト』は移動しないとのこと。要は、せっかく決めた位置を勝手に動かして欲しくない訳で、固定しておけばページがイメージ通り出来る訳ですからとりあえず今後は『固定オブジェクト』を多用しようと思います。
チョッと思たんですがドロー>表計算>ワープロ。これは位置決めの分かりやすさです。ドローははなっからここから開始と云ったように意図通りの位置に決めれます。ワープロは「インデント」とかで位置は移動出来る様ですが、位置決めに手間がかかります(かからないとしたら分かりにくい)、これに対し表計算ははなっから表で区切って位置をハッキリしてる。もしかして『エクセル』が多用される理由の一つがワープロより『位置決め』が分かりやすいからでしょうか。
これとは別にKenote 2に関して、『Kenote 2の画面表示サイズは最初にテーマを選ぶときに800×600か1,024×768かを選択するしかないと思っている人もいるようだが、実は縦横サイズは最小値200まで指定できる』と云う記事が松田純一Macテクノロジー研究所に有りました。これでApple Works代替えに一歩近づきました。Kenote 2を代替えにしようとするのもなんですが(^^;

| | Comments (0)

February 11, 2005

高速16号一宮線(清洲JCT〜一宮)開通

毎年の伊勢参りに行ってきました。今回は前年の教訓を生かし帰りの長島SAで足湯。一応売店でタオルを買える様ですが今回は持参しました。伊勢で外宮、内宮、二見、天の岩戸とかなり歩きましたので足湯でずいぶん疲れがとれた気がしました。その後東名阪を経て清洲JCTから高速16号一宮線(清洲JCT〜一宮)へ。この高速は今日の午後3時から開通ということでまだ車も少なく気持ちよく走れました。問題は下りた後下の道路は渋滞だったことでもう2キロも北まで作れば渋滞もかなり少なくなったのに、やっぱりお役人の考えることですから。

| | Comments (0)

February 10, 2005

Somebody's Been Enjoying My Home/Don Covay

かなり雰囲気の有る歌い方で気に入ったんですが、「Somebody's Been Enjoying My Home」ってまた不倫関係の歌じゃん、多分。「Don Covay」のヒット曲である「I Was Checkin' Out She Was Checkin' In」自体がそうだし、かなりの強者ですね。「Leave Him part 1』同じく「Leave Him Part 2」もスローで語りが入っていたりかなり良いです。アップテンポの曲は「Money(That's What I Want)」がジェィムスブラウン風であったりして、60年代っぽい香りがぷんぷんしてます。元々、「I Was Checkin' Out She Was Checkin' In」だけで買ったんで充分です。
amazonのココで「I Was Checkin' Out She Was Checkin' In」は聞けます。「Somebody's Been Enjoying My Home」は残念。

| | Comments (0)

February 09, 2005

「Pod shuffleで、自分の好きな曲だけを聞くには?」

iPod shuffleの使いこなしの記事が@YumeyaNEXT WEB SITE経由で 【デジタルARENA】に出てました。「Pod shuffleで、自分の好きな曲だけを聞くには?」結局のところ、「iTunes」からの取り込み時にこつが有る様ですね。
自分のiPod 15G にはまだ5G 程しか入ってません。レコードからの取り込みに精を出してますが、やっぱりCDは楽で良いですね。

| | Comments (0)

Love Calls/Visions

Visionsありがちな名前(?)のグループですが基本的には女性の「Tara Davis」がリードボーカルです。クレジットには「Tara Davis」を除いた4人が全員演奏もするようです。どの曲も同じように聞こえてしまうのは何ですがどれもまずまずの出来です。スローでは「Perfect Love Affair」が男女の掛け合いで始まり、期待が膨らむのですが、実際男性リードはかなりがんばってます。曲調がサラッとし過ぎかな。「Hypnotized」も「It's A Choice」も良いけど、「Love Calls」が一番かな?サビの部分が一番分かりやすいだけの違いの様な気がするけど。(^^;

| | Comments (0)

February 08, 2005

Something Inside You Feel/7th Wonder

7th_wonder27th Wonderの2枚目のアルバム「Climbin'Higher」からの1曲。ちょっとファルセットがかかったボーカルがミディアムテンポに良く合って素敵なナンバーになっています。タイトル曲の「Climbin'Higher」は女性ボーカルがリードですが小気味の良いテンポの演奏に助けられなかなかの出来です。「Daisy Lady」、「Do It With Your Body」とアップテンポのナンバーの出来が良かったりします。あとスローでは「Living My Life Just For You」がgood!

| | Comments (0)

岐阜県建設産業再生ポータルサイト

桃知商店(ももちどっとこむ)からのメールで「岐阜県建設産業再生ポータルサイト」を知りました。一応県内の建設業に分類されるでしょうに外部からの連絡の方が早いというのも何だかな〜。
「最近の建設業再生イベントの模様」で「岐阜橋梁会』というのを知りました。聞いたこと無いぞ〜。

| | Comments (1)

February 07, 2005

Can't Get Enough/Ver-sa-tyl

Ver-sa-tylまずアルバムは出ないだろうと思っていたVer-sa-tylのアルバムが出たのですが期待に違わぬダメっぷり。「I Don't Know What True Love Is」の出来が良すぎることから経験上ダメだろうと思ってました。なんせA面は「GET HIP SIDE」、B面は「TO THIS SIDE」と云うところからして?なのだが、A面の「Can't Get Enough」は完全なスローバラード。同じくA面の「Running Around」は電話の音から男女の言い争い?
B面は「Fame & Glory」が面白いが、なんと云って良いか表現が難しいな。
もちろんベストは「I Don't Know What True Love Is」だが、「Can't Get Enough」が二番目。似たタイプなのだが、メリハリに欠けるかな。

| | Comments (0)

February 06, 2005

『Pagesの「3つ折りパンフレット」は利用価値多し!』

アップルの新しいソフトウエア「Pages」にはずいぶん期待してた訳ですが、ワードプロセッサということでやっぱり使いづらかったです。やっぱりドロー系には遥かに敵わないですね。
しかし、「松田純一Macテクノロジー研究所」の記事の「Pagesの「3つ折りパンフレット」は利用価値多し!』を見て、昔マックワールドエキスポなんかでよく見た「3つ折りパンフレット」を思い出したとき、確かにこの使い方は有ると思いました。チョッと明日会社でやってみるか。
現在のアップルワークスや前身であるクラリスインパクトは一つのソフトの中にワードプロセッサやドロー、表計算などが含まれていましたが、今回のiWorksは実際にはKeynoteとPagesの二つになってますから来年はぜひドロー系でお願いしたいと思います。

| | Comments (0)

Somebody Loves You/Whispers

Whispers-lifeandbreath1972年のアルバム「Life And Breath」の一曲。古き良きコーラスグループの姿が有りますが、このWhispersはちょっと違います。なんたってリードが双子なんですから、こんなグループはなかなか無いでしょうが、後年はその辺りがあまり売りになってません。初期の方がより色濃く出ています。といっても、なかなか分かるものでは有りませんが(^^;
A面1曲目の「Here Comes Tomorrow」はいきなり癖の有るWhispersらしい歌いっぷりです。2曲目はこのアルバムの中で一番好きな「Somebody Loves You」。ピアノから始まるスローナンバーでコーラスが入ってリードが出てくる訳ですが後半には語りも入りますがやはり癖の有るリードが最高です。
B面には「Speak Softly Love (Love Theme From_The Godfather_)」なんて曲も。「Give Me A Little Love」もなかなか良いのですが、B面のベストは「My Illusions」。始まりから擬音入りです。ファンには堪えられません。

| | Comments (0)

February 05, 2005

Love Is Calling You/Gene Rice

gene_rice1991年の作品。骨太の声と絞り出すような歌い方からみて「Teddy Pendergrass』のフォロアーですね。中では1曲目の「Love Is Calling You」が一番の出来。コーラスが女性です。2曲目の「You're Gonna Get Served」も良いし、スローからミディアムの曲は何でも安心して聞けます。「You're A Victim」「I Believe」がチョッとテンポが速い曲で、「It's Too Late」がキャロルキングの曲。

| | Comments (0)

February 04, 2005

注意マーク

tyuui-ma-ku会社で機械のマニュアルを作る場合、注意マーク(三角形の中にビックリマークの有るやつ)を使いますが、昔はMac OS に含まれていたアイコンや三角形にビックリマークを重ねて作ったりしてましたが、昨日「文字パレット」を使ってましたら『図形/シンボル』でヒラギノ関係の三角マークの中にビックリマーク(本当の名前は不明)が有ることを発見。全然知りませんでした。

|

Don't Let Me Down So Easy/7th Wonder

7th_wonder37th Wonderの2枚目のアルバム「Thunder」は前回ちょっと調べたときにはファンクファンには評価が高かったように思うが、コーラスグループファンの自分にとっては1枚目の方が遥かに良いな〜。「The Tilt」、「Missin' Out」、「Busy Man」、「I Enjoy Ya」とかなり軽めのファンクナンバーは全滅。中では「The Tilt」が一番かな。
「Stop Before You Break My Heart」は完全にアース、ウインド&ファイヤー風の演奏になっちゃたりしてます。「Don't Let Me Down So Easy」がこのアルバムの中では一番じゃないかな。優しく丁寧な歌いっぷりとコーラス、演奏も落ち着いたもので良い出来なんだから、他の曲も変にファンクやってるよりは録音が「Malaco Recording Studio」なんだからもっとなんとかして欲しかったな。「All The Love I Thought I Had」は途中にカントリー風のギター(?)が入ったりしいてます。「All And All」はコーラスも相まってなかなかの出来です。

2/8修正
2枚目が「Climbin'Higher」で、3枚目が「Thunder」。書いてて間違った様で申し訳有りません。評価的には1>2>3ですね。1>2は微妙ですが、アップテンポの出来かな、といっても洗練されてない所が上ということで、スローは2枚目が上。

| | Comments (0)

February 03, 2005

5秒でウイルスに感染

今日、久しぶりに来社された取引先より「5秒でウイルスに感染」という話を聞きました。もちろんOSはウインドウズで「XP」とのこと。購入以来一度もインターネットに繋いでなかったそうで、繋いで5秒後にウイルスに感染してシャットダウンしたそうです。本人も「知る限り最短じゃないかな」といってましたが、確かにアップデートする間に感染したという話は聞きますが、本当に何ともなりませんね。おそらく今後も使い続けることでしょうけど、ドラマチックなパソコンライフですね。

| | Comments (0)

Leave Well Enough Alone/Dee Harvey

dee_harveyこれもCD。歌えるシンガー(チョッと表現が変か?)ということで買った筈。確かに旨いし、良い声をしているんですが聞き流していると最初に戻っちゃう。なぜ分かるかと云うと1曲目がダントツだからということ。「Leave Well Enough Alone」がそれで、嬉しいことにチョッと癖の有る歌い方をしてくれます。(^^;
4曲目は最初のアップテンポのナンバー「How Can We Be Friends」ですが出だしから「カモン」って歌いだされたら引いちゃいます。テレビの歌番組でも盛り上がりそうにないのに「カモン、カモン」とやられちゃうとしらけてしまいます。更に観客が乗ってたりするとやらせかと思ってチャンネルを変えちゃう。(^^;
全体としてはどの曲をとっても合格点ですが、記憶に残らないのよね。ちなみにCDタイトルは「Just As I Am」、この中では2番目の出来かな。

| | Comments (0)

February 02, 2005

Acrobat7.0 30日間無償体験版ダウンロード開始

Mac News 4 U」経由で「Mac24」に「アドビ システムズ、“Adobe Acrobatポータルサイト”をオープン』の記事がでてました。
早速“Adobe Acrobatポータルサイト”に行ってみますと『 [2005/02/01] Acrobat7.0 30日間無償体験版ダウンロード開始』も文字が。
『Adobe Acrobat 7.0 Professional 体験版 (Windows版)』って(Windows版)だけですか?
もう買っちゃたし、OSXではpdfの制作は「Acrobat 』無くても出来るし。本当は『編集・管理』だけで良いので安いのを出してくれた方が助かるんですけど。

| | Comments (1)

February 01, 2005

iWork到着

今日iWorkが到着しましたが、サイズが今までのソフトのパッケージより小さくなってました。iWorkが23×15.3、従来のiLife'04で24.3×20.4。これからインストールします(^^;

| | Comments (0)

Every woman/Lance Ellington

lance_ellington1990年ですから自分的には新しい部類です。(^^; CDタイトルは3曲目の「Pleasure and pain」。1曲目の「Treat me right」はこのCDの中でも好きな曲。チョッと線が細いかな。3曲目の「Who's loving you tonight?」はちょっとダメだけれど、「Time won't wait」、「Pleasure and pain」、「Love scared」、「Natural love」は聞けますョ。7曲目の「Every woman」はこのCDの中ではベストかな。チョッとアップテンポなナンバー。こういった声質だとアップテンポのナンバーの方が合うのかな?10曲目の「Winter spring」この頃流行っていた音。ちょっと忘れたけど。この辺りは乗り遅れたな〜。総括すると13曲は多過ぎ。LPなんかに慣らされちゃったので5曲程度が限度(^^;

| | Comments (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »