« December 2004 | Main | February 2005 »

January 31, 2005

Haunted House/Zingara

b_zingar81モータウンでヒットを連発したプロデューサーグループ「H-D-H」の一人である、「Lamont Dozier」が曲を書いてプロデュースをしたグループが「Zingara」です。マニアに人気があったのは「Love's Calling」ですが、久しぶりに聞き直したら、自分の好みは無茶苦茶カッコイイ「Haunted House」で決まり。A面の1曲目「For All Of My Love」はスロー。歌手でもある「Lamont Dozier」はチョッと神経質っぽい歌いっぷりなんですがこの1曲目もそんな感じが見えます。2曲目の「You Sho' Know How To Love Me」は女性と男性の掛け合いですが悪くないと云うか、ひょっとしてチョッと歌が旨すぎるんでは?3曲目が「Love's Calling」。4曲目は「Are You Ready For Love」これまた女性リードですが悪くない出来。
B面の1曲目の「I Surrender」は1981年の頃は既にアース、ウインド&ファイヤーの影響が見て取れるナンバー。「Haunted House」が2曲目。「Gypsy Heart」はダメ。「Wonder Love」もいまいち。「Gettin' Down」もいまいち。

| | Comments (0)

運転免許証の更新

今日は朝から運転免許証の更新でしたが、出がけから雪が降り始め、途中の交差点では交通事故。トンネルの坂道ではずいぶん手前から渋滞。バタバタになってしまいました。一応優良運転者ということで前回は5年前。最近は老眼がひどくなっているので視力検査がストレスになってたんですが、船舶の視力検査と違って奥に深いタイプで非常に見やすかったです。講習の終了後一番ビックリしたのは写真の写りが5年前と全然違ったこと。あまり薄くはなってないのですが、白髪は写真で旨く写らないのですね、禿げたように見えたりします。今度から運転免許証の更新の前だけ白髪染めをしようかしら。

| | Comments (0)

January 30, 2005

Don't walk away/The Four Tops

the_four_topstonightモータウン時代は非常に有名なのですが、その後のABCレーベルの時代も非常に良い曲が多かったです。この曲は1981年にCasablancaから出た「Tonight!」というCD。A面トップの「When she was my girl」はけっこう売れたんじゃないかな。「Don't walk away」は2曲目。途中からモータウン時代の香りが一杯で楽しめます。こういった曲を聴くとアップテンポの曲は60年代が最高だと思いますね。本当にモータウンレーベルのアーチストのベスト盤にかなうものは無いんじゃないかな。
さて、今回の画像はスキャナでとったものですが、わざと90度角度を変えてあります。分かりますよね?

| | Comments (0)

スクリーンセーバー「Freefall」

昨日の「MACお宝鑑定団」に出てましたスクリーンセーバー「Freefall」。.Mac のメンバーが無料でダウンロードできますがなかなか良くてサブのPowerbookにも入れちゃいました。そうしましたら「虹色の林檎はどんな味?」にも記事が出てました。画像付きですので気になる方は見てみたらどうでしょうか?

| | Comments (0)

January 29, 2005

「Mac mini」の店頭アップグレード

MACお宝鑑定団によると「Apple Retail Storeで購入したところ、現在アップグレード可能なのはメモリーのみに限定」だそうで、Bluetoothモジュールの内蔵も考えている自分としては素直にApple Storeが良いみたい。その前に2〜3台のMacを処分しないと。具体的には、PowerMac630,4400,G3DTあたりで630は準備完了。しかし4400のオリジナルのCPUが見つかりません。(^^;

| | Comments (0)

My Love Ain't Never Been This Strong/7th Wonder

7th_wonder11978年のアルバム「World Don't Say Enough」の1曲目「My Love Ain't Never Been This Strong」は自分の中では『これが「7th Wonder」だ』って曲です。ボーカルも含めて骨太のファンクバンドという感じ。ところが2曲目がちょっと中途半端なミディアムナンバー。でもメロディアスで悪くないのね。3曲目はコーラスグループなありがちな始まり方で「良いじゃん」と思ったら女性がリードでおもいっきりこけた。途中の演奏の押さえ方とか本当にコーラスグループのそれですよ。女性ボーカルが悪いということではなく生かしどころが違うって感じ。A面のラストは「Back Track」は出だしからファンク。まえの2曲に比べて気持ちがよいのはやっぱりこのグループはファンクバンドだな〜。A面は聞き始めたら最後まで聞いちゃうという評価の難しいタイプです。
B面の1曲目がアルバムタイトルの「World Don't Say Enough」はファルセット。2曲目は「Absence」でファンクナンバー。3曲目の「I Would Have Loved You Just The Same」は所々マニアに評価の高い「8th Day」を思わせるボーカル。ラストの「Love Makes You Act Like That」はかなりポップなナンバー。

| | Comments (0)

January 28, 2005

iWorkの紹介ムービー

iworkmovieicon20050117Appleから明日発売予定のビジネスソフト(?)「iWork」の紹介ムービーが出ているそうです。なかなか良さそうです。コチラのページから。「うっどぅんしっぷす」さん、ありがとうございます。
1/29追記 
本日県内最大規模の販売店に「iWork」を求めて午後から出かけましたが、「iLife」はかなりの量があったのに肝心の「iWork」は無し。自宅に帰った頃には目眩がしてきました。(泣)
結局、ネットのApple Storeに注文。(^^;

| | Comments (0)

January 27, 2005

Party Time Man/The Futures

futurespast_present_and_the_futures数あるアップテンポのナンバーの中でも好きな曲です。ここまで能天気なナンバーだと気持ちよいな〜。後半からはコーラスが「Party」の連呼。ここでコーラスに絡むサックスが最高です。「Sunshine And You」は低音のボーカルが新鮮だし。「You Got It(The Love That I Need)」はファルセットがリード。『get it,get it 』と聞こえる所が良いです。「(You're The One)Someone Special」は典型的なフィリーサウンド。そうそう、1978年『SigmaSound Studio』録音です。他の曲も良い物ばかりですが、「I Wanna Know, Is It Over」は語りで始まっています。

| | Comments (0)

January 26, 2005

Acrobat 7.0 Professional

acrobat_7.0 Pro「アップルストア名古屋栄」で購入してきた「Acrobat 7.0 Professional」。「Acrobat 6.0」は「Adobe Reader 6.0」のあまりの遅さにスルーしたのですが、「Adobe Reader 7.0」と同様に起動するのはもの凄く速かったです。但し、文章の挿入はフォントの重複をチェックするとかで「Acrobat 5.0」に比べて微妙に遅かったりします。しおりを作成する際に文字を指定しようとすると全然旨く出来なかったんですが、多少の問題は残りますが前が前だけに許せる範囲かな。しおりの変更の問題も無いし仕事的には満足出来る範囲。
一番気に入らないのはデザインかな。色使いと移動のボタンは全然ダメ。まだまだOS9時代のレベルには達してないな〜。
新機能とかは試してません。だって、必要性が今の所無いんですもの。(^^;

| | Comments (0)

January 25, 2005

I Can Be(Everything You Want Me To Be)/Flashlight

Flashlightレーベルが「Philly Groove」ということで、もろフィリーサウンドです。「Beginner's Luck」と「I Can Be(Everything You Want Me To Be)」がアップテンポで良いですね。他にも「Beware, She's Pulling My String」、「Don't Feel Nothing('Til You Hear From Me)」、「Every Little Beat Of My Heart」は2流グループらしい曲ですね。悪くはないんですがインパクトがある曲じゃない。『優、良、可」で云えば「可」。
ボーカルグループにはアップテンポが良いグループとスローが良いグループが有るんですが「Flashlight」は前者。ボーカルグループのファンは後者を好きな人が多いですね。

| | Comments (0)

噂の「架空請求」が来ました

いわゆる「身に覚えのない支払いを求める架空請求」というやつですね。突っ込みどころ満載で、笑わせていただきました。
初めて来たのに『最終通告」だし、住所が『港区新橋4-16」なのに、消印が「伊丹」。「電子消費料金」というのも笑わせてくれる。
法務省のページはコチラコチラも。
「債権回収会社を詐称している等との情報の提供があった業者名の例 一覧」から似た者を発見。「一覧」では『東日本債権管理局』ですが、来たのは『(株)東日本債権管理』。
対応としては、
「法務大臣の許可した債権回収会社」を確認したが無いのでニセモノと確認。
「裁判所からの通知ではない」ので放置。
本当に郵便局が儲かる訳だわ。

| | Comments (0)

January 24, 2005

Instant Love/Bloodstone

Bloodstone-partyBloodstoneの中ではイマイチ評価が低い様な気もしますが、曲単位で見れば「Instant Love」と「It Feels So Good (With You)」はBloodstoneの中でもかなり高い評価が出来ると思います。いわゆるメローな雰囲気で演奏もしっかりしています。コーラスは出過ぎない感じで好感の持てる感じだし、一言で行ってしまえば『完璧」。
「Why Be The First One Home」は何か聞いた感じがするなと思ったんですが、シカゴ系のサウンドで始まります。そうそう「The Chi-lites」って感じかな。

| | Comments (2)

行ってきました「アップルストア名古屋栄」

昨日は夕方からインターネット接続出来なくてアップ出来ませんでしたが、「アップルストア名古屋栄」に行ってきました。1/22のオープニングにはかなりの人が並んだ様でしたから並ぶのを覚悟していましたが、拍子抜けするくらいあっさり入店。(^^;
入り口の右側の端には「Mac Mini」が有りましたが、思った以上に小さく感じました。「iPod shuffle」は予想通り売り切れてましたが、正面のレジの右側に「iPod」各種が置いてありました。2Fの正面に「Genius Bar」、左側にはソフトとキッズコーナー、右側にレジ。レジの裏側にも展示してあるのでたまたまレジに店員が居なかったので、POS(?)もデモしているのかと思いました(^^;
同行の奥様が気に入ったのは「iPod」用のスピーカーちょっと小ぶりのものが良かった様です。ソフトの棚で「Adobe® Acrobat® 7.0 Professional」を発見。アップグレード版を購入。時間があれば来週も出撃予定(^^;

| | Comments (0)

January 22, 2005

We Go A Long Way Back/Bloodstone

bloodstonewe_go_a_long_way_back久々にアルバムのタイトル曲です。スローな曲ですが間にピアノの演奏が入る所がなんとも云えませんな。しかし一番は終盤のリードボーカルでこれは凄い歌いっぷりです。ところが信じられないことにとたんに終わってしまう。(泣)
このアルバムではスローではもう一曲「Go On And Cry」も良い。amazonで見てみたらベスト盤(?)のタイトルにもなってます。内容はコチラ。「We Go A Long Way Back」に比べるとギターが印象に残るかな。
アップテンポでは「My Kind Of Woman」が良いかな。

| | Comments (0)

January 21, 2005

Just To Make You Happy/Perry & Sanlin

perry_sanlin以前にも書いているPerry & Sanlinですが、やっぱり実力は有りますね。スローな「We Belong Together」、「I'm So Glad There's You」、アップテンポの「With You」コーラス、ボーカルともに問題なく旨くまとまってます。「Just To Make You Happy」はドラマチックな作りで、「パ〜、パル、パル、パ〜」と云ったコーラスがなんともいえないですね〜。

| | Comments (0)

January 20, 2005

Adobe Acrobat のアップグレード

もうすぐにAdobe Acrobat 7.0が販売されると思いますが、Adobe Acrobat のアップグレードにはチョッと面白くない部分も有りますのでサポートデスクで確認しました。
どういうことかと云えば、Acrobatはver.3.0から使っていますのでCDはMacOS9用です。最近はOSXで使用していますのでアップグレードの際には少なくともハードディスクに現在使用中のver.5が入っている必要が有ります。ところが新規に入れようとするとCDが必要になりますが元々はMacOS9版ですから、場合によってはインストールできないことになります。
現在はMacOS9が動くことの出来る環境ですからOKの筈ですが、ver.3.0は古いのでCDが旨く認識出来ないことが多いのです。Macintosh 版 Adobe Acrobat 7.0 Professional/Standard(以降 Pro/Std)のアップグレードインストール手順はコチラ
結局の所、「旧バージョンの CDを紛失している」と同様の「別途お申し込みによる手続き(ロック解除コードの発行) が必要」との事。とりあえずアップグレード版を買ってから問題が有れば申し込めば良いみたいです。詳しい内容はコチラ
確かファイルメーカーなんかはコード番号の入力でもOKだった筈。Adobeも最近はMS社のようになってきて心配だな。

| | Comments (0)

January 19, 2005

Trying To Get Over You/The Mad Lads

以前厳しい評価をしている「The Mad Lads」ですが同じ12インチシングルには「You Blew It」の他に「You Blew It Radio mix」と「Trying To Get Over You」が入っています。「You Blew It」がアップテンポなのに対して「Trying To Get Over You」はスローナンバーになっています。これはなかなか良い雰囲気を出しています。昔からのタイプのナンバーですが、特に特別なことをしている訳ではないのですが、迫ってくるものが有りますね。一つには録音の技術が上がっていることもあげられるかもしれませんし、スローナンバーに自分の評価が甘いのかも。「You Blew It」を再評価すればテンポ(リズム)は非常に良いのネ。

| | Comments (0)

粗大ゴミ

先日に引き続きお葬式が出来ましたので会社を休みました。日曜日に話をしていた方なのでショックは大きいです。
ということで、終わった後でもう3年程出していなかったので粗大ゴミを出しに行ってきました。基本的には前回と変わらないのですが、粗大ゴミそれぞれにシールを貼るんですが、シールが前回と変わっていました。
帰って来てからおばあさまに自転車が有ったと云われましたが、エステマに一杯で知ってても積めなかったと云う程の量でした。
パソコンのディスプレイ等が有りますがさて何時頃処分しますか(゜゜)

| | Comments (0)

January 18, 2005

合格(・.・)

ボクチン(戸籍上は女)の中学合格が決まりました。
ん〜、あれだけ勉強しなかったのに(謎)
いわゆる、ミッション系ですか?よく分からん(^^;

| | Comments (0)

January 16, 2005

もう食べれません(泣)

4-1昨日は町内で「葬式」と「寄り合い」が有りました。それで食事は仕出しのパック。「葬式」で2食、「寄り合い」で1食。別に、朝食。パックの料理で1日に3食なんて食べられません。
今日は親戚の「法事」で食事。同じ様な食事が2日で4食なんて無理だと思いましたが、さすが美濃市の有名ホテル『緑風荘』全部は無理でしたがかなり食べられました。
かなり太ったのでないかと覚悟してましたが、太ってない。今年に入ってチョッと痩せてたかな〜?
ちなみに昨年も町内の旅行で行ってます。

| | Comments (0)

January 14, 2005

Survivors Of Love/Al Hudson & The Soul Partners

al_hudson__the_soul_partnerscherish
「Al Hudson & The Soul Partners」の2枚目のアルバム「Cherish」は飛び抜けた曲は無いがなかなか揃っています。ディスコ調の4曲を除いた残りは合格点の出来。タイトルの「Cherish」、それに「Cheating Is A No No」もスローナンバーです。珍しいのは「Tripped, Slipped, Stumbled And Fell」で、普通は「Al Hudson」のリード(多分)なのですが、出だしは別人の歌いだしになっています。「Survivors Of Love」はなんのこと無い普通の曲なんですが、良い雰囲気が出てます。微妙にずれたタイミングにしている所が有ったり、一時マニアで『行きそうで、行かない」なんて表現がされたりしてましたが、そんな感じかな?

| | Comments (0)

January 13, 2005

Mac mini用の鞄が欲しい

まだ注文はしてないのですが、Mac miniの鞄が欲しいと思っています。会社に置いてあるPower Mac G3の変わりにしようかとも考えているからで、アップルストア名古屋栄でお目にかかれば行っちゃう可能性が高い様な(^^;
同じように持ち運びを考えている人も居る様で、コチラのページなんか、思い切り笑わせていただきました。

| | Comments (0)

Lovers Can Never Be Friends/The Nights

the_nights以前、このアルバムに中から「Country Girl」に付いて書いていますが、やっぱり中ではベストですね。1976年ですから、そろそろディスコ・サウンドが出てくる頃かな?ジャケットは女性の写真なんですが、今回は裏ジャケットのメンバーの写真をスキャナしました。6人も居るとコーラスグループというよりはボーカル&インストルメンタルグループって感じですね。確かにファンクっぽい曲が多かったりします。他には「Lovers Can Never Be Friends」がなかなかの出来。後は「Face In The Crowd」がグループっぽい曲です。アップテンポの中では「(When You Dropped Your Guard)Love Knocked You Down」は良いですよ。

| | Comments (0)

January 12, 2005

iWork '05

iwork05_product_050111_125今朝は詳細が分からなかったんですが、さすがに夕方には出てました。トップページからの解説ページとアップルストアから辿っていた解説ページとが同じページじゃなかった。ちょっと、「Pages」が気になるんですが、「Keynote』風な雰囲気がちょっと心配です。要は、「ドロー」で書類を作りたいんで、まんま、ワープロってのは使い勝手が悪いし、DTP系でも使い勝手は「ドロー」は悪いと思います。もうちょっと詳しい記事が出るまで待ちますか?

| | Comments (0)

フレッツ・ADSL モアスペシャル

speed_test_050112今日、工事が完了しまして『47M』。結局、実際には『4.05M』。距離は2.5kMですが、損失が大きいということですから、しょうがないか?ちなみにプロバイダーは「so-net」。確かに早くなってますから満足です。今は(^^;
追記、速度計測の設定を間違えていました。再度計測したら「3.8M」もう一度計測したら「4.5M」あんまり変わりませんな〜。明日早朝にもう一度計測してみますか。

| | Comments (0)

アップルの新製品発表から

ipod_shuffle噂されていたフラッシュメモリプレイヤーですね。
でも、電気屋で見る他社のと比べるともの凄く洗練されてます。シャッフル機能を全面に押し出す所等ちょっと違いますね。近場のお出かけにはこれで良いかも。お値段も手頃。(^o^)

macmini1これも噂されていた低価格パソコン。名前は「Mac mini」。
サイズは高さ5.08cm×幅16.51cm×奥行き16.51cmですから机の上に置けますね。ハードディスクの容量が少ないけど、データはLANで移動すれば良いから問題なし。価格は1.25GHzモデルが58,590円、1.42GHzモデルが70,140円。アップルストアの出荷予定日は1月29日。ってアップルストア名古屋栄の開店の後ですな。次回の名古屋行きが決まったな。(^^;
一番の期待は「iWorkはAppleWorksの後継アプリケーション・スイートで、Mac OS XとiLifeを念頭に置いて作られた。iWorkにはKeynoteとPagesが含まれる。」の『Pages』ですか、アップルのトップページからクリックしてもアップルストアに行っちゃうのよね。詳細はまだかな。

| | Comments (0)

January 11, 2005

I Can't Stop Loving Her/ANACOSTIA

anacostia1st古き良きコーラスグループの姿がここに有ります。と云ってもこれが最高という気は全然ありません。結構一発屋も好きなんです。案外移行期に面白いものが有ったりしますからね〜。
「Heartache In Disguise」はファルセットがリードでこの中では珍しいですね。
「We Can't Live Life Alone」はフィラデルフィアサウンドの頃のスピナーズにそっくり。
「I Can't Stop Loving Her」は語りから入ってちゃんとコーラスグループしてます。サウンド的にはシカゴの「The Chi-lites」っぽい感じで悪くは無いですね。
「Words Spoken Softly At Midnight」はリードが交代するという技(?)を使ってます。
「Baby I'm Available」は初期のディスコサウンド。

| | Comments (0)

January 10, 2005

Made Up Mind/R.J.'s Latest Arrival

1979年のアルバムから、以前(November 21, 2004)に「Gonna Get You」については書いているんですけれど、その他はというと、これはというのは無いですね。なかでは「Baby, Love Is The Two Way Street」、「Someday, Somewhere」、「Made Up Mind」です。他はほとんどすべっています〜。今あげた3曲はどれも2流グループっぽいのですが、「Someday, Somewhere」は女性がリードを取っていてちょっと落ちるかな。「Made Up Mind」はリードは落ち着いた歌いっぷりだし、コーラスも悪くない。「Baby, Love Is The Two Way Street」はタイトルはボーカルグループらしくて良いんだけれど、ちょっとアレンジでミスったかな?
ちょっと調べたらこの後かなりのレコードを出している模様。そんなんかな〜?

| | Comments (0)

初えびす

熱田神宮上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)にお札を頂きに行ってきました。本来は「五日えびす」とも云われ、午前零時から行われますが、行ける訳も無くテレビの映像でも混雑具合は半端でないので、毎年しばらく後に行っています。
その後、本宮(ほんぐう)、末社 清水社(しみずしゃ)を回ります。
当日は、このお札をいただいて帰る途中で人と話したり寄り道すると福が逃げるというので、知人に会っても口をきかず、一目散に帰宅して神棚におまつりする風習があります。」といってもなかなか難しくは有りますが、せっかくの休みなのでゆっくりしたいので早々に帰還しました。(^^;

| | Comments (0)

January 09, 2005

Let The Moment Last Forever/Fantastic Four

fantasticfour1st正直「Tease」とは比べもになりませんな〜。アルバムの出来で云えば完成度は間違いなく「Tease」の「Remember」の方なんです。ところが「Let The Moment Last Forever」、「Have A Little Mercy」、「My Love Won't Stop At Nothing」の3曲だけで違いは歴然でした。むちゃくちゃソウルフルですし、コーラスもこちらの方が上。ヒット連発のチームとホームラン3発のチームって感じ。これはプロデューサー、アレンジャーの違いでも有るでしょう。かたや「MTUME」、対するは「Paul Riser」って、古くからのソウルファンだったら当然「Paul Riser」だよね〜。

| | Comments (0)

January 08, 2005

コメント

先日、コメントが出来ないことを発見。設定はしてあったんですが、『反映』してなかったことが発覚。ずいぶん説明を読んだのだが分かりにくかった。老眼の性にしておこう(^^;

| | Comments (0)

A Love Of Your Own/Tease

TEASE21988年でプロデュースが「MTUME」って行ったら、演奏は悪いはずないですよね。歌っているのが「キッパー・ジョーンズ」ですから実力的には問題なし。ジャケットには4人も写っていますが、ソロとあまり変わりませんな〜。以前書いた「Tingle」の他は「帯に流し、襷に短し」状態。なかでは「A Love Of Your Own」、「Let's Stop Pretending」、「Somewhere, Somebody」。
本当に悪く無いんですが、「Tingle」以外にこれだってのが無いのも事実。一つにはコーラスグループしていないこと。後はアレンジし過ぎ。

| | Comments (0)

January 07, 2005

モデム交換でスピードアップ

speed_test「フレッツ・ADSL モアスペシャル」に申し込んだのですが、工事よりも先にモデムとスプリッターが届きましたので早速交換しましたが、念のためスピードテストをしましたところ、『早くなってました』(^_^)
ちなみに現在は1.5Mタイプで以前のテストでは通常0.8M程でした。今回のテストでは1.27Mbps。

| | Comments (0)

ローマダービーは3-1でラツィオの完勝

何かとトラブルの多いローマダービーですが今回は問題は起きなかった様で、余分な制裁金も払わなくてよかった。試合自体もラツィオの完勝。1-1になった時はいつものパターンかとも思いましたが直後に追加点が入って良い方向になりました。DFが揃わなくてボランチのジャンニケッタがDFに回り、しばらくご無沙汰だったリベラーニが大活躍。ディカーニオも存在感たっぷりでした。新監督も初采配でダービー勝利ですから幸先良いな。
他の試合では色々問題があったようでイタリアらしいと云えばらしいのですがそろそろ何とかならないものかな〜。

| | Comments (0)

January 06, 2005

いよいよローマダービー

昨シーズンは日本でもニュースに取り上げられたローマーダービーが始まります。日本ではスカパーで早朝4;25〜の様です。
「オリンピコの警備の車が子供を轢いたので暴動が起きる...」と行った話でした。
あの乱入したロマニスタはどうなったんでしょうかね?
ラツィオはメンバー的には全然期待出来ませんが、とりあえず今シーズンはセリエAに残ればOK。それに監督が変わって初めての試合ですから、希望が持てる試合が出来ていれば良し。勝っちゃたりすれば云うことなし。試合前のインタビューもなかなか面白い様です。すずきさん、最高の翻訳ですヨ。いつもありがとうございます。

| | Comments (0)

January 05, 2005

Too Late To Turn Back Now/Cornelius Brothers and Sister Rose

Cornelius_Brothers__Sister_Rose._F「Too Late To Turn Back Now/Cornelius Brothers and Sister Rose」はまだだったかな?60年代の終わりから聞いていると、サム・クックの評価の高さは大変なものであると思いますが、今ではなかなか聞くことが出来ないんじゃあないかな、当時でも本人でなくてフォロアーっていう言い方をしていた、ボビー・ウォーマックやオベーションズが有名でした。1971年に新人賞を取っていた様ですから、「Treat Her Like A Lady」そしてToo Late To Turn Back Now」のヒットで有名になってフォロアーの仲間入りもしました。確かに歌い方がかなり似ていると思います。但し、どうしてもサム・クックの歌と比較されてしまうが故になかなか枠を壊せない所が難点です。
amazonでは「Story of Cornelius Brothers & Sister Rose」なんてのが有りました。
サム・クックはコチラ

| | Comments (2)

January 04, 2005

Save The Children/The Intruders

the_intruderssave_the_children「Save The Children」って曲名は優等生的で好きじゃないんですが、アルバム1枚全部聞いてみると、やっぱりタイトルじゃなくて内容だと思いますね。歌声と云うか癖と云うかやっぱりベストの一人です。本来ならベスト盤を薦めても良い様なヒット曲の数も有るんですけど、ひょっとしてベスト盤よりも「The Intruders』らしいアルバムじゃないのかと思いました。
中では「I Wanna Know Your Name」が一番おなじみだと思いますが、絶対はずれだと思える「Mother And Child Reunion』でさえ、ちゃんとフィリーサウンドになってます。
リードもコーラスも完璧じゃないんですがそこがトラップみたいになっちゃっているって感じかな。
amazonではコチラ

| | Comments (0)

「星を継ぐもの」

中村正三郎のホットコーナー」にSFの記事が。
本来(?)はアンチ・ゲイツが中心のホームページなんですが、「乳の詫び状」は日記(?)になっています。
セキュリティ関連を見る為に時々覗くんですが、今回はSFの記事がありました。自分もかなりの量のSFを読んでいたので反応しちゃいました。「ガニメアン3部作のJ.P.ホーガン」ということで、これは読みましたが本当にお勧めの3部作です。SFも古い作品だと時代の方がSFを追い越しちゃてるのですが、ある意味時代にマッチしているところが凄いです。「3部作」は1980年頃だそうですからずいぶん経っていますね。
続編が「内なる宇宙」ってことで「単行本が1991年、文庫が1993年」。
多分読んでないな〜。お気に入りのシリーズの所に無かったからどこへ行っちゃったんだろうか?

| | Comments (0)

January 03, 2005

Baby, You Really Got Me Going/Brothers By Choice

brothers_by_choiceこれは素晴らしいレコードです。ただし、二流グループのベストって意味で。どの曲も良く出来てますね。でも全然、一流グループのそれじゃない。ここまで来ると気持ち良いくらい。本当に”二流グループとして一流。”
おそらく一番知られているのは「She Puts The Ease Back Into Easy」。
全般的に云えるのは、演奏がやり過ぎ。ってかなり押さえてはあるんですが詰め込み過ぎって感じかな。野球でいえば変化球ばかりのピッチャーって感じ。歌の方が負けちゃう。しっかりしたコーラスがあるわけでもないし、ストレートで勝負しろよって感じ。
「Take A Little More」は、中ではメロディアス。この曲も含めてリードはそんなに悪く無いと思う。
amazonに「Brothaz By Choice』ってのがあるけど違うよな〜?

| | Comments (0)

日立の判断は吉と出るか?

力本百之世界』経由、「日立、社内業務でパソコン利用全廃・専用端末で情報漏えい防止
日立製作所グループは社員が業務で利用するパソコン約30万台を全廃
新端末は内部に情報を一切保存できず
従業員による情報の不正持ち出しやパソコンの紛失・盗難への懸念は強く
これだけでは突っ込みどころ満載ですね。
まずは、「新端末」の「紛失・盗難」はどうなのか?これはおそらくサーバー側で対応出来るだろうと。「新端末」は単に鍵の様になるだけでしょうね。一番の問題は、「全廃」しちゃって仕事は大丈夫なの?って事。
『業務」が何を意味するかでしょうね。「新端末」らしい端末だったら、おそらく「全廃』出来ないのじゃないでしょうか?パソコンを「新端末」として使うんだったら記事ををどういったつもりで書いたのかちょっと理解出来ません。少なくとも同じレベルで仕事出来ないと能率は下がりますね。能率が下がったら業務的には問題かと思います。
イメージ的に近いのは「事例:東京大学 情報基盤センター」ですけど。
もう一つ問題なのは「パソコン約30万台を全廃」の行方ですね。一度に「約30万台」も中古市場に出たら価格は何処まで下がるの?ってところ。まともに考えたら数年かけてでしょうから、本来はあまりインパクトのある記事でないかも。

| | Comments (0)

January 02, 2005

Heaven Must Be Missing An Angel/Tavares

おめでたいといえば「Heaven Must Be Missing An Angel/Tavares」。ただ、「Heaven」とか「Angel」とか云うだけでおめでたいというだけですが。アルバム「Sky High!」は「Tavares」の数多いアルバムの中ででもベストじゃないかな。B面はそれほどでも無いのですが、A面はアップテンポの「The Mighty Power Of Love」から始まって、同じくアップテンポなんですがメロディアスな「Ridin' High」スローの「To The Other Man」ときて最後は極めつけの「Heaven Must Be Missing An Angel」。
amazonのページはコチラ
しかし久しぶりに「Tavares」のベスト盤の内容を見てみるとヒット曲はかなり多いグループですね。但し、A面、B面なんて単位で見ているとこれはというアルバムはなかなか無いのね。「Tavares」だけでざっと数えても8枚も持っているけどなかなか聞かないから、ふつうはベスト盤を買った方が吉ですね。

| | Comments (0)

January 01, 2005

Fell For You/The Dramatics

Dramatics._A_Dramatic_Experience._FDramatics._A_Dramatic_Experience._R
お正月ですからちょっとは良い物を出さなきゃ。
ってことで、「The Dramatics」のアルバム「A Dramatic Experience」から「Fell For You」。もっともこのアルバムのA面は全部良い。擬音が入っていてアレンジが凝っている「The Devil Is Dope」、曲自体はちょっと軽めなんだけれどリードががんばっている「Now You Got Me Loving you」、行進曲の様な出だしからロマンチックなリードが始まる「Fell For You」。一気にA面を通して聞いちゃえます。
B面も「Hey You! Get Off My Mountain」を中心に良い曲が揃ってます。
残念なのはレコード故のパチパチ音が入ってること、いつかCD買っちゃうかも。(^^;
amazonではコチラ
ちなみにジャケットは.........。(゜_゜)

The Dramatics

| | Comments (0)

「iWork '05」

アップルリンケージ」に「Apple、MWSFにて「iWork '05」と「Jam Pack 4: Symphony Orchestra」を発表」の記事が。
一時「Apple Works」のプロ版が出るという様な噂が出ていましたが、これのことかも。
「Page」は、単なるワープロソフトか表計算機能を含むかは不明のようです。
Macworld Conference & expo/San Francisco 2005迄待ちましょう。
「Apple Works」自体は凄く使いやすいのではありますが、その前身である「クラリスワークス」に比べれとイマイチ、スピードが遅い等、納得出来ない部分があります。もう少し、高機能であれは良いんですが。
『窓』の方々は「エクセル」で作成されることが多い様ですが、時間がかかり過ぎ。
結局『CANBAS』か、いっそ『InDesign』迄行っちゃう?ってところ。
間を埋める製品は無いのよね。(ドローがベースで表計算を貼ることが出来るもの)

| | Comments (0)

謹賀新年

ulinennga新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »