« November 2004 | Main | January 2005 »

December 31, 2004

Just Wanna Get The Feel Of It/Bloodstoe

bloodstonedont_stop「Bloodstone」と云えば、「Outside Woman」や「Natural High」で有名なんですが、確かにこれらの曲を出した時期はスローナンバーはとびっきりに良い出来でした。でもアップナンバーはいま2くらい。
その頃とはレーベルも変わって、なんとモータウンでアルバム「Don't Stop」を出した時(78年)にはすっかりいっぱしのボーカルグループになってますョ。本当に実力派のグループに比べても一歩も引かない出来です。アルバムタイトルの「Don't Stop」「You Bring Out The Best In Me」はミディアムテンポですが良い出来ですし、スローの「I'm Just Doing My Job」「It's Been A Long Time」「Throw A Little Loving My Way」も良いです。しかし一番の出来はアップナンバーの「Just Wanna Get The Feel Of It」。
軽快なリズムに乗せたボーカルにはテナー(?)とファルセットが交互にリードを変わり、昔にはかなりあったバトルって感じ。でも、コーラスも負けてない。ギターとパーカッションが刻むリズムもなかなかのものです。マストバイな一枚です。
話は変わりますが、「パイプライン」に「一生に一度でいいから言われてみたいもんです。」って、うちもそうです。(T T)

| | Comments (0)

「レアル新監督に元ブラジル代表監督のルシェンブルゴ氏」

あらあら、サンスポ.comに「レアル新監督に元ブラジル代表監督のルシェンブルゴ氏」が。
あれだけ金を使って選手集めてて勝てないんだからなぁ。大変だわ。
貧乏チーム(LAZIO)のファンだと楽だわ。今シーズンはセリエAに残ってくれるだけで良いから。(T_T)
さすがに厳しい順位のため監督が変わりましたけど、ここまで良く耐えた、偉いぞロティート会長。(^^;

| | Comments (0)

December 30, 2004

I Just What To Spend My Life With You/Caress

以前にも書いている「Caress」ですが、アルバム1枚まるまる変換しました。中では、「Just Like In The Movies」は「Ace Spectrum」も同じ曲を歌ってます。アップでは「Opportunity」「Brand New Love」が良い出来です。以前紹介した「I Just Want To Be A Part Of You」は評判が良い様ですが、チョッと古いタイプのシングル向けバージョンで、自分の好みとしては「I Just What To Spend My Life With You」の方が好きですね。
ちなみに、iTunesで1000曲を突破しました。CDからだったら楽勝なんでしょうが、LP、やシングルレコードから変換して取り込むとなるとかなり大変です。全部入れるには10年ほどかかるかも。(^^;
また、本日は餅つきをしました。背中が筋肉痛です。(T_T)

| | Comments (0)

December 29, 2004

I've Got My Second Wind/Al Johnson

「Al Johnson」は「I'm Back For More」でちった名前が知られていると思われますが、「I'm Back For More」の入っているアルバム「Back For More」は「クロスオーバー」なんて訳の分からないジャンルが騒がれていた頃に出されています。有名な「ボビー・コードウエル」なんかと似たサウンドにはなっていますが、結局「ソウル・ミュージック」の流れそのままですね。70年代以降は黒人の音楽はどんどんすっきりして来て、ハイカラな白人の音楽と似たり寄ったりになって来ちゃう。結局アイデンティティが無くなっちゃうと云うジレンマに陥っちゃう。
アレンジが「Paul Riser」って、なるほど。
「Jean Carn」と「The Jones Girls」がゲストで入ってます。
他には「Tonight's The Night For Love」,「You're A Different Lady」が素敵です。

| | Comments (0)

「激安ヘッドレス・アイマク」

お年玉には早いですが、「マク」に「来年のェキスポで、アプールが、ついに激安ヘッドレス・アイマク爆弾投下」の記事が。
「499ダラ(5万1500円ほど)!」オオ〜!
買いますよ、買いますとも、子供のお年玉を借りても買います。
間違いなく良い年になります。

| | Comments (0)

December 28, 2004

If Somebody Cares/The Controllers

またまた「The Controllers」ですが、良い曲が揃ってますからね。例に依ってスローナンバーの出来が良いです。今回はアルバム「Fill Your Life With Love」から「If Somebody Cares」。
どうして、タイトルだけでコロッときちゃうんでしょう。演奏は抑えめで出しゃばらないし、コーラスも難しいことやってないし、リードは落ち着いているんだけど熱が入ってる。
スローでは「Getting Over You」も同じくらい素敵です。アルバムタイトルの「Fill Your Life With Love」は珍しくアップテンポ。でも悪くありません。他の曲も悪く無いどころか良いョ。
ひょっとしてピアノの使い方が旨いのかな、演奏する人たちはよく勘違いしてると思ってるんですが、ピアノってのは派手に弾かないでいた方が良いことが多いと思います。音と音の感覚をあけた方が良いと思う。これはピアノの演奏だけじゃ無くて例えばロック等のように音の隙間が無いのは良いと思えないんだ。
文章でも途中で段落を変えた方が良いことは多いじゃないですか。それと同じ。旨く説明出来ないけど。

| | Comments (0)

December 27, 2004

All For You/ANACOSTIA

こういった曲を聴くとやっぱり実力があるな〜と思います。長いことやっている経験かな。
チョッと忘れちゃったんで探したら、「スペルバインダーズ→PRESIDENTS→ANACOSTIA」だそうで。
The Presidentsは「5-10-15-20(25-30 Years Of Love)」で有名。以前、記事にしています。
アルバム全体としてはぼちぼちと云ったところか。レイ、グッドマン&ブラウンが売れて、妙に影響を受けちゃったって感じかな。旨いことは分かるんですが、売れないわな〜。

| | Comments (0)

「モルディブに多くのイタリア人選手が」

スポーツナビに「モルディブに多くのイタリア人選手が=スマトラ沖地震・津波 」の記事が。
他にも、
「ミランのマルディーニとザンブロッタが帰国へ=スマトラ沖地震・津波」
「ミランのフィリッポ・インザーギは無事=スマトラ沖地震・津波」
「リボルノのルカレッリ、バー環礁に足止め=スマトラ沖地震・津波」
「インテルのマテラッツィも大丈夫=スマトラ沖地震・津波」
まとめると、
「アレッサンドロ・ネスタ」、「パオロ・マルディーニ」、「パオロ・マルディーニ」、「ジャンルカ・ザンブロッタ」、「アレッサンドロ・デルピエロ」、「マルコ・マテラッツィ」、「クリスティアーノ・ルカレッリ」あたりは大丈夫のようですね。

| | Comments (0)

December 26, 2004

お正月準備〜黒龍

r-kokuryudaiginjou1お正月準備ったって、お酒を買っただけですが、「黒龍酒造株式会社」の黒龍「大吟醸」。
ココとか、パソコン屋「Do-夢」のココら当たりにも記事があります。まあ、正月のお楽しみということで。

| | Comments (0)

December 25, 2004

You Know We've Learned/Bloodstone

bloodstone_natural_highソウル系のアルバムは全部が良いなんてことはまず無いのだから、Bloodstoneの場合も同様にタイトルの「Natural High」のほかには「Never Let You Go」と「You Know We've Learned」だけ(^^;
「Never Let You Go」は何処かで聞いた覚えがある様な無い様な、「You Know We've Learned」の方はリラックスした感じのボーカルがなかなか素敵です。アッ、「Natural High」ってことか。

| | Comments (0)

ライブドアとアイポッドミニ

「ライブドアとアイポッドミニ」はこんな関係があったんですね。
実はライブドア“創業者”、iPod mini仕掛け人のアップル前刀氏
この記事で一番の問題は、「有料音楽配信サービスの実施」、「話は進んでいる。請うご期待」w(゜_゜)w

| | Comments (0)

December 24, 2004

「岐阜県庁でも半数のアクセスポイントで暗号化設定せず」...まあ、そんなとこでしょ

岐阜県庁でも半数のアクセスポイントで暗号化設定せず」...まあ、そんなとこでしょ。
「岐阜県庁でも約40カ所のアクセスポイント(AP)が最低限の通信暗号化を設定していなかったことが分かった。」...って、何時。
うちの会社に来たシステム屋さんも「スパイウエアが入ってた方がスピードが速かったりする。」なんて、云ってたりします。「セキュリティはどうなの?」って聞きたいところでした。
確かに「岐阜県庁」っていえば、自分の情報は無い(役人からすれば他人の情報)のよね。じゃあ、安全だわな。(・_・?)

| | Comments (0)

Stand Up/Atlantic Starr

atlantic_starr「Atlantic Starr」はどうやら自分の知らない曲で有名らしい。まあ、途中からチェックしてないから当然かも。「Stand Up」はアルバム「「Atlantic Starr」」の1曲目。「Atlantic Starr」はボーカル&インストルメンタル・グループ。
R&B、ソウルのグループは基本的にレコードとステージ(ライブ)はまるで別物。アメリカではオージェイズがステージのパーフォーマンスで非常に高い評価を受けていたんですが、レコードではそんな感じは受けません。それが一般的なんですが、「Atlantic Starr」はレコードにステージの雰囲気が漏れてくるんですよ。特にこの「Stand Up」はそんな感じ。
自分がRock等に興味が無いんだが、Rockでは一時、単に音量がでかいことだけでアーチストを評価してたことがあります。「それは違うだろ」というのが自分の考え。結局のところ「どうやって売うか」という、レコード会社や雑誌社の意向が反映しています。そういったものは楽しく無いし、面白く無い。
今の韓国のブームを見てれば分かること。わたしゃ、興味ないね。

| | Comments (0)

December 23, 2004

Blind over You/Black Ice

blackice以前「Chicago Gangsters」のものは紹介してますが、今回のものはそれをカバーした「Black Ice」。オリジナルの方が素晴らしいことは確かなんですが、こちらもかなりなものです。少し味わいがなくて軽いかな?
「Chicago Gangsters」のアルバム「Blind Over You」の中では「I Choose You」の他には「Let Me Go」が十分聞きごたえがあります。

| | Comments (0)

初めての液晶ディスプレイ

lcd-a173v_sひょっとして「今頃?」って、云われるかもしれませんが、初めての液晶ディスプレイを購入しました。
今まで使っていたディスプレイが不安定になって来た為です。
たまに画面が真ん中に向かって縮むようにして消えてしまう現象がでてました。再度、電源を入れ直せば問題なく映るんですが、やっぱり安全第一。
安売りでポイントを含めれば安かったです。販売店では暗く感じていたんですが、部屋では明るすぎるくらい、しかし、暗めの部分は判別出来なかったりして、本当はブラウン管の方がまだまだレベルが高いですね。
おかげで、デスクトップピクチャーを他のものに替えました。
ちなみに機種はアイ・オー・データのLCD-A173VW。

| | Comments (0)

December 22, 2004

Somebody's Gotta Win/The Controllers

controllerincont1アルバム「In Control」から最後に紹介するのは「Somebody's Gotta Win」。前にも書いているけれど、「The Controllers」はスローナンバーの出来が素晴らしいグループ。
リードは熱い歌いっぷりで、コーラスはあくまでも控えめでいるけど、旨くバランスがとれている。
スローナンバーの回答はいくつかあるがこれはまさに一つの模範解答。
これら3曲はタイトルを見ても、何か伝わってくる物があります。
ちなみにジャケット写真を見つけてきました。本当は自前で写真を撮りたいんですが、なかなか難しいのよね。

| | Comments (0)

Adobe、「Adobe Reader 7.0」を配布

APPLE LINKAGE に「Adobe、「Adobe Reader 7.0」を配布」の記事が。
早速ダウンロードしております。
アメリカの「Adobe」のほうで、テキスト版のページですね。
Adobe Reader 7.0」(日本語版)
Adobe Reader 7.0—Japanese for Macintosh, 22.4MB
Adobe Reader 7.0—Japanese for Windows, 21.6MB
インストーラーの形式ですが、ダイアログの日本語がちょっと変だったので間違えちゃったョ。
いや〜、起動するのが確かに早いよ。
「6.0」がおそかったので「5.0.5」を使ってたんですが、「Adobe Reader 7.0」で良いですね。
実際にアクロバット書類を開いても十分なスピードです。
「アクロバット」自体に期待出来そうですね。

| | Comments (0)

December 21, 2004

GIMP version 2.2.0リリース

スラシュドット ジャパンで「GIMP version 2.2.0リリース」という記事が出てました。
自宅と会社で入れてあるんですが、自宅では動いてません(^^;
あれやこれや入れすぎたりしているので、天罰かとも(^^;

WEB系のデザも印刷系のデザ上がりという人や、普段から両方の仕事をされる人も多いので、どう考えてもPhotoshop以外の選択肢が考えられません。
CMYK(4版)に対応していない

なるほど。

Mac OS X上でとりあえずGIMPを使ってみるなら、X11環境さえあれば動作する、gimp.app [sourceforge.net]

家でもこれですね。
昔どこかで見た話では「Macユーザーは何がしたいか決まっていて、Winユーザーは何を使いたいかが決まっている。」ということでした。
「GIMP」は使ってみたかったのですが、作りたい物がなかなか出来ないので、ほとんど使えなかったりする。
特に『印刷系』に向かないのでは自分としてはほとんど使えないな。残念。
「Photoshop」は高いし、「GraphicConverter」では出来ないこともあるので(多分)
来年末のボーナスが頼り。(^-^;)

| | Comments (0)

December 20, 2004

Heaven Is Only One Step Away/The Controllers

今日紹介する予定だったこの曲「Heaven Is Only One Step Away」。
ちょうど今日同級生が亡くなりました。こんなこともあるんですね。
今年は同級生が二人。まだ50才前なんですが。
心からご冥福をお祈りします。

| | Comments (0)

December 19, 2004

People Want Music/The Controllers

the_controllersあまりクリスマスらしい気がしないのは自分だけでしょうか?クリスマスソングも巷であまり聞かない気がします。
iPodは持ってても全然使わないのは通勤時間が短いことと車のCDがいかれてることも大きいんですが、自宅ではiTunesの方が当然使いやすいから。
でも「People Want Music」だと思いますよ。テレビだと流行物しかやらないし、ラジオは昔と変わっちゃたし(自分の方がもっと変わっただろうし)これは凄いと思う様な曲にはズ〜と出会ってないし。
この曲はスローは得意な「The Controllers 」にあってはアップテンポではかなりの出来。
amazonのこの画像は『Next In Line』という別のアルバムのものですが、このジャケットを使って再発したんでしょうね。

| | Comments (0)

December 18, 2004

Show Me How To Dance/Archie Bell & The Drells

「Archie Bell & The Drells」は「Tighten Up」で有名なのだが、1978年のアルバム「STRATEGY」を出した時はフィラデルフィア・インターナショナルからで特にこの1曲目はギャンブル・ハフと組んでいてアルバムの中ではベスト。
いわゆるフィリーサウンドが強く出過ぎた曲もある中でちょうどバランスが良くて「Archie Bell」の良い所とフィリーサウンドの良いところが出ててかなり気に入っています。
アルバムタイトルの「Strategy」はamazonのコチラで聞けます。

| | Comments (0)

December 17, 2004

Don't Ever Take Your Love Away/A Tint Of Darkness

a_tint_of_darknessa_tint_of_darkness
「A Tint Of Darkness」はチョッとマニアックなグループかな?
少なくともアルバム「A Tint Of Darkness」は素人に毛が生えた雰囲気がいっぱいです。
スローな「I Watched The Rain」、「The Lines」は悪くは無いんですが好評価にはほど遠い感じです。
中では「Don't Ever Take Your Love Away」が一番かな?
アップテンポは確実にダメ。(^^;
以前に『So Mutch In Love(Rated"X")』(May 05, 2004 )をエントリしてるんですが、
『Reason for this record-"TO WASTE MONEY"』
この言葉だけですべて許す。

| | Comments (0)

December 16, 2004

シメオネ、母国のラシンへ移籍

RIVER PLATE 応援サイト 襷の魂』経由、
シメオネ、母国のラシンへ移籍
アルゼンチンに戻るんですね、てっきり『LAZIO』に戻ってくるんだと思ってました。
将来必ず戻ってください。シメオネ様。m(_ _)m

| | Comments (0)

Baby Let Me Love You/Al Hudson & The Soul Partners

al_hudson__the_soul_partnersespecially_for_you
アルバム「Especially For You」には「I Got A Notion You Got The Motion』の他に「Baby Let Me Love You」という素晴らしい曲が有ります。
久しぶりに聞いて気がついたんですけど(^^;
同じようにゆったりとしたテンポで水に浮かんでいるようにふわふわとして気持ち良いんです。
コーラスも北部のグループのコーラススタイルとはちょっと違うんですがなかなかです。
残念ながらamazonでもちょっと見つからないですね。
「Al Hudson & The Soul Partners」は途中から「Al Hudson & Oneway」になってますが「Oneway」以降しか無いですね。

| | Comments (0)

December 15, 2004

Technical Information

CHJ仕事では機械の点検整備をしていますが、建設業でも橋梁とくればかなりマイナー(?)なので使う機械はおそらく一般的でないので、十分な資料が有りません。
これはインターネットで探してもなかなか欲しいデータが見つかりません。
それでは「作った方が早いや。」ということで作ったのがコレ。
機材ごとに作ったのでかなりの数になりました。全部のページを合わせると500ページを超えたみたい。
この画像はセンターホールジャッキという物の「Technical Information」。
「メーカーのマニュアル」、「仕様」、「点検・整備の作業手順」、「点検記録・キャリブレーション」、「出荷内容」、『注意事項」など

| | Comments (0)

I Got A Notion You Got The Motion/Al Hudson & The Soul Partners

al_hudson__the_soul_partnersespecially_for_you
1977年ですからそろそろディスコ・ブーム?
この頃はソウルとかニューソウルと言い方が多かった時期ですが、古くからのR&Bっぽいのはアル・グリーンだけと云った状態。この中で「Al Hudson & The Soul Partners」の「I Got A Notion You Got The Motion」はかなりインパクトが強かった気がします。
といっても、ゆったりとしたリズムでちょっと気の抜けた感じ。でもこれが良い。
はまったらやめられないと云った感じ。
リズムはHi Recordなんかのリズム。R&Bっぽいリードボーカルにコーラス。かなり気に入ったのでこの後何枚もレコード買っちゃいました。

| | Comments (0)

December 14, 2004

La-De-Dah/The 8th Day

The 8th DayのA面はアップテンポの曲が揃っていますが、「La-De-Dah」は中ではちょっとメロディアスな作りです。歌い回しがチョッと気に入っています。
「You've Got To Crawl Before You Walk」はアップテンポの中ではベストだと思っています。
「Enny-Meeny-Miny-Mo(Three's A Crowd)」は数え歌(?)という話を聞いた気がします。
改めて聞き直しても素晴らしいアルバムに仕上がっています。
インビクタス・レコードでも勢いの有る時の制作ですから納得の出来です。

| | Comments (0)

December 13, 2004

I'm Worried/The 8th Day

The 8th Dayのデビューアルバムのベストはまず間違いなく「I'm Worried」で決まりでしょう。
8分を超える力作ですが、はじめと終わりに語りが入っていて、多分曲の半分に及びます。
歌の方の堂々とした歌いっぷりに比較して語りの方は落ち着いていて純朴な感じが伝わってきます。
B面は「Just As Long」「I Can't Fool Myself」「I'm Worried」「I've Come To Save You」
同じインビクタス系のサウンドのグループと比較しても「I Can't Fool Myself」、「I've Come To Save You」クラスの出来は間違いなく上回っていると思います。

| | Comments (0)

December 12, 2004

「ガン生存率に病院格差・・・」から建設業を考える

TBS系列の『報道特集』で「ガン生存率に病院格差・・・」を見ました。タイトルが視聴率狙いみたいに見えますが、それは置いといて、
ガン治療では副作用が付きものだと思っていたのですが専門医だとそうでもないとか、放射線治療では機械が良くなったのですがそれに合わせた専門家がいなくて韓国や台湾より遅れているとか云ってました。
普通に驚いたのとともに、日本らしい問題かなとも思いました。
橋梁という建設業の端くれのまた端くれの仕事でも同様の状態かなと納得しました。
阪神大震災以降、新たに流量計という機械が導入されました。簡単にいえば、ちゃんと中味が入っている証拠を出しなさいということです。確かに設計されて機械は作られたのですが、現場で作業する人が確実に使えれ人が居るかと云えば「?」。公共事業の予算が削減される中、元々会社での現場監督に対する評価は利益のみで、品質は対象外と云って良いでしょう。そのため特に建設業界においてはISOの評価が低いように思われます。なんたって入札は金額での評価しかしてないでしょう。国の評価がそうなんですから推して知るべしでしょう。
ですから会社に依るかもしれませんが、現場監督は工程管理が主な仕事で品質の管理は片手間の仕事でしか有りません。
ちゃんとしようとしたか、現場に品質専門の専門家が必要だし会社では機材の講習をして資格認定するくらいは必要だと思います。
上が変わらなきゃダメな国ですから、まずは入札で金額だけで評価しないようにならないと建設業は良くならないでしょう。

| | Comments (0)

久しぶりのLAZIO

かつて(過去形)セリエAのビッグクラブと云われたLAZIOですが、経営問題から主力が抜けて、放送もなかなかされなくなっていました。先週は有ったけれど負けたのでまだ録画を見てない。
予定変更とかで朝からやってるので見てましたけど、前半途中で0-2。
かなり選手はがんばってますよ。ディフェンダーはコウトとザウリがいないんで選手が揃ってないんですがセンターの二人はがんばってますよ。
昨年いたのがオッドだけではバタバタでもしょうがないか。でも問題はサイドバックのオッドとオスカルロペスの二人。オッドはイタリア代表か?と思わせるほど淡白な動きだし、オスカルロペスはもの凄くポジショニングが悪いんでないの。それでセンターとボランチがカバーに回るんでラインが下がっちゃう。
今シーズンは残留出来ればよいのでロティート会長はカーゾ監督を使い続けて欲しいな。
カーゾ監督で1シーズン乗り切ったらセリエAでは革命的じゃないの。
とりあえず年内の1ゲームを勝って欲しい。

| | Comments (0)

December 11, 2004

Just As Long/The 8th Day

8th_day日本版を持っている人はかなり少ないんじゃないかなと思ってます。
解説は桜井ユタカ氏で、「...非常にロマンチックな、美しいラブバラードです。」.....
確かにそう思います。
元はモータウンでヒットを連発していた、ホーランド-ドジャー-ホーランドが作ったインビクタスレコードから出てます。
1971年のヒットがA面の「She's Not Just Another Woman」らしいです。1971年頃はかなり聞いていたんですが記憶が無いです。
中味は最高で、ふつうのグループだったらこのアルバムの中の1曲が入っていたらアルバムのベストと云われるだろうレベルです。
中でもスローの『Just As Long』と『I'm Worried』は別格。
かなりの枚数を買っていると覚えていないことが多いんですが何処で買ったか覚えているくらい印象的な一枚です。

| | Comments (0)

December 10, 2004

Just Like In The Movies/Ace Spectrum

B面はアルバムタイトルにもなっている「Just Like In The Movies」がスローなバラードで良い出来です。
王道って感じですね。語りとかいった小細工が欲しかった。
2曲目の「Sweet Music Soft Lights And You」がバリーホワイトのサウンドです。
こういったのはやっぱり本家に任せておいた方が吉ですね。
3曲目は「I Can't Keep Holding On」、ラストが再度「Live And Learn」。
3曲目はおもいっきりスルー。(笑)

| | Comments (0)

December 09, 2004

Live And Learn/Ace Spectrum

ace_spectrum
お勧めの1曲。アップテンポですが、いきそうでいかない感じ。
ドライブなんかに良いかも?
でも、ひょっとして止まらなくなるかも。
「Ace Spectrum」はあまり有名じゃないけど全然悪くないね。終盤のファルセットなんかは素敵です。
まあ、アレンジが「Patrick Adams」ってところで、正座をして聴くくらい当然です。
2曲目の「Magic Touch」も合格点。
3曲目の「Sooner Or Later」も同じ。
4曲目の「Sweet Sugar Daddy」は思いっきりコケた。
R&Bグループにありがちな駄目パターン。
ジャケットはイラストなんですが、裏ジャケットの4人組の写真はおもいっきり歌えそうです。

| | Comments (0)

December 08, 2004

「White Christmas」って嫌い

「White Christmas」って、雪の方じゃなくて、歌の方。
定番中の定番でしょうが、白人の香りが強すぎるのよね。
最近の若い人はそうじゃないかもしれませんが、「White Christmas」とくれば間違いなくビング・クロスビー(?)とかの、歌ばかり流れていて、ず〜とクリスマスはつまらんと思ってました。白人、白人とした生活の香りが気に入らないのだと思う。きっと。
で、今日は引き続き「Whispers」の「The Christmas Song」、「This Christmas」。この2曲テンプテーションズと同じ曲。あと「White Christmas」。

| | Comments (0)

December 07, 2004

This Time Of The Year/Whispers

ちょっと間が開いてしまったんですが、Whispersのクリスマスアルバム「Happy Holidays to You」から2曲目は「This Time Of The Year」。
すっかり忘れてましたけど、かなり良いよ。80年代になってからのWhispersのサウンドの中では良い出来の方じゃないかな。
ミディアムテンポで雰囲気は良いし、落ち着いた歌いっぷりです。
ついでに3曲目は「Santa Claus Is Coming」これも良い。
ただし、確かにクリスマスソングなんですが、クリスマスを知らなかったらラブソングのアルバムと勘違いするんじゃないかと思うくらい洗練されてます。
ちょっと癖があったほうが好みなんだけど、この時期だけだから許す(笑)。

| | Comments (2)

Mozilla Thunderbird 1.0

アップルリンケージでメールソフト「Mozilla Thunderbird 1.0」が出たことを知りましたのでダウンロードしました。
あまり変わってない気がしますが、ver.0.7あたりから使っているので「やっと1.0か」といった感じ。
でも「まだまだ」って感じがします。

| | Comments (0)

December 06, 2004

仕事用データベース

仕事用データベース。機材の在庫一覧です。
主に担当のものだけです。まあ、こんなのが有るのは社内でもうちだけ。
(自腹ですから)
上側のタブで内容ごとに、分けてあって、下側で、機材ごとにリストが出ます。
主に現在の状況と、出荷しているときは現場名を表示。
ボタン操作で出荷伝票や機材ごとの点検簿を表示します。
zaiko.jpg
「センターホールジャッキ」というジャッキの点検簿です。
これはリスト表示で、出荷現場ごとに出荷データ、点検簿になります。
CHJ.jpg
現場名だけちょっと加工しておきました。
もともと点検簿だけで20個を越えていたけれど、「ファイルメーカー7」でテーブルが使えるようになったおかげで8個になりました。ちょっと手間がかかりましたけど。

| | Comments (0)

December 05, 2004

休日歯科診療/始まりはピザ

最近しきりにCMが流れているチーズフォンデュ・ピザ。
食べ終わったら歯の状態が変、つまようじを使ってみたけど、良くならないのでへんだな〜、と思っていたら、寝ている間におかしいことに気がついた。
起きてみてみると歯が折れて、わずかに残っている状態。
朝起きてから糸で取ってみようとしたんですが無理でしたので、諦めて、初めて休日歯科診療所に。
インターネットで確認していったらまだでした、9;30受付で10;00から。
手で引っこ抜いて、レントゲン撮って、仮のものを被せて終了、あっという間でした。
チーズフォンデュ・ピザの所為ではなく時間の問題だった様。
後はかかりつけの歯医者に行ってくださいとのこと。
とりあえず、一段落。
_piz_pho_32.jpg

| | Comments (0)

December 03, 2004

マイフェイバリット・クリスマスソング

初めて聞いてからズ〜とクリスマスソングのNo.1なのが『At Christmas Time/Randy Brown』。
No.2は『クリスマス・イブ/山下達郎』、
No.3は『Give Love On Christmas Day/The Temptations』。
No.2は皆さんご存知。曲の作り、雰囲気(アレンジ)はNo.1なんですが、日本っぽいっていうか、かなり情景描写って感じなんですね。
『At Christmas Time/Randy Brown』はクリスマス版のラブソングって感じかな?アメリカなんかのクリスマスパーティの雰囲気(映画やTVで見る様な)が思い浮かぶ感じで楽しく、優しい気持ちに成れます。
僅差ですがちょっと寂しい感じよりは楽しい方が良いですね。
ちなみに『At Christmas Time/Randy Brown』は『The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul』に入ってました。廃盤かな?

| | Comments (0)

December 02, 2004

Wave to SMAF コンバータ

携帯の着メロがまるで気にいらなかったのですが、昨日の「MACお宝鑑定団」に
「ヤマハ社が、携帯電話端末用音源LSIに対応したMacintosh版SMAF SOUND DECORATOR「Macintosh版WSC-MA2 Ver.1.0.1」の無償配布を開始すると発表していました」というありがたい話が有りました。
色々やってみましたが、結局「いろいろやってみたのですが「Wave to SMAF コンバータ (WSC-MA2-SMAF)」で問題無いみたいですね。
といってもファイルサイズが大きすぎると旨くない様で、『Sound It! 』でサイズを小さくしてみました。

| | Comments (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »