« Perry & Sanlin/For Those Who Love | Main | Lee Oskar »

October 31, 2004

インテルvsラツィオ

おもいっきりメンバーが抜けたラツィオですが、インテル戦となれば、紅白戦の様相ですね。
なんたって、監督のマンチーニ始め、ファバッリ、ミハイロビッチ、スタンコビッチ、ベロン、はてはビエリと元ラツィオで固められている様なもんです。
かかっているお金から云ってもインテルのペースで進んで行きますが、決定的なチャンスはむしろラツィオ。
後半早々、ミハイロビッチのロングパスを受けたアドリアーノの得点で先制するも、今期新加入のタラモンティの初ゴールでドロー。
いやー、このメンバーで真ん中より上の順位に入れればOKですよ。
インテルも悪くはなかったんですが、右サイドだったら右サイドばかり、左サイドだったら左サイドばかりでサイドチェンジが少なかったように思います。
印象に残ったのはアドリアーノとタラモンティのゴール、レコバのバーに当たったフリーリックとミハイロビッチのボレーのループシュート。

|

« Perry & Sanlin/For Those Who Love | Main | Lee Oskar »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Perry & Sanlin/For Those Who Love | Main | Lee Oskar »