« In Our Lifetime/Marvin Gaye | Main | セリエAラツィオのうれしい?ニュース »

October 12, 2004

My Soul Is Free/Paul Beasley

Paul Beasley/
ゴスペルっぽいゴスペルは、ごめんなさいなんですが、
ちょっぴり、ポピュラーよりになると、結構良い曲が有ったりします。
宗教の安っぽい正義感よりは、みんなが楽しめると云った立場で音楽を作ってくれると、
歌のうまさとか云った実力的な点ではちゃんとしているのだから、なかなかのものです。
Paul Beasleyはゴスペル畑の出身んなんですが、いや〜、凄いですよ。
高音というか、ファルセットというか、
あのミニー・リパートンの(「Loving You」)でしたか、ファルセットを初めて聞いた時の衝撃並み。
まあ、歌の中味はちゃんとしたゴスペルのようなんですが、
単純に楽しめます。
(LPでは、ほとんどこの1曲ですが、1曲の為だけでも、価値はあります。)

|

« In Our Lifetime/Marvin Gaye | Main | セリエAラツィオのうれしい?ニュース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« In Our Lifetime/Marvin Gaye | Main | セリエAラツィオのうれしい?ニュース »