« I Can't Shake Your love | Main | The Railroad Song »

July 11, 2004

投票率の低いことの責任は...

またまた投票率が低かった様ですが、
この傾向はズ〜と続いている訳でして、
投票率の低さに対しては有権者に投票を呼びかけるだけで後は知らんぷりになっています。
投票に行った人にはメリットが有るようにしたらどうかと云う意見を聞いたことも有りますが、どんなものでしょうか。
いっそのこと投票率が50%を切ったら、当選者が無かったことになるとか、当選によって利益を受ける方々がまるまるの権利を行使出来なくなるようにすれば少しはまともになるのでないか思います。
国民が『誰がやっても一緒」なんて、堂々と行っているのは政治をおこなっているかたがたがそういったように国民を思い込ませているのでもあるのですから責任を少しはとっても良いのでは無いでしょうか。
選挙で当選したら前に悪いことをやっていても『みそぎを受けた」といって堂々と国会に出て行っているのはこっかいぎいんが国民の代表と云うことから考えたらおかしなことです。
投票率の低いことの責任は...政治家にも取って欲しいと思っています。
投票されないのは反対票だと思います。

|

« I Can't Shake Your love | Main | The Railroad Song »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« I Can't Shake Your love | Main | The Railroad Song »